2018年04月21日

ラウンドアバウトを撃ってみたぉ

スティールチャレンジのステージのひとつ、
ラウンドアバウトを撃ってみました。


ステージはこんな感じです。


で、

見るとこんな感じで、


撃つとこんな感じ〜


https://youtu.be/h02OCVtRSA8

最初のストリングから
小平っぽかったけど、
3回目にはとうとう
ガマンしきれずに
イっちゃいました。

撃つ前には
ターゲットを
撃つ順番とか
語っていたのに、
撃ち始めたら
もうぜんぜん
とんちんかんな
撃ち方でしたね〜

一年振りに撃ったから、
緊張していたんですかね〜

あと、
撃つ前に
サイトピクチャーを確認するのは、
マガジンを入れておくのは良いとして、
弾(カートリッジ)をチェンバーに
装填する前の方が安心だね〜  
Posted by Taka at 08:08Comments(4)ShootingGlockSteel Challenge

2018年04月09日

グアムで『俺の鉄板撃ち』始めました


グアムで
スティールプレートが
撃てるコースを新設しました。

実銃で
鉄板撃ちに
挑戦できますよ〜

スティールチャレンジや
ウエストコーストスティールといった、
スピードシューティングのステージをベースに、
グアムでスティールプレートシューティングが
できるようになりました。

銃の基本操作や安全管理、
実弾射撃のテクニックを学びながら、
スポーツシューティングの醍醐味を
楽しんでくださいね〜


1日3名までの少人数制。

シューターの皆さん
ひとりひとりのレベルに合わせて、
安全第一で撃ちまくります。

Takaが目の前で撃ってご覧に入れますので、
一緒に練習しているようにトレーニングできます。

コース終了時には、実際の
シューティングマッチに参加できる
作法を身につけることを目指して、
一緒にがんばりましょう。


射撃、一緒に上手になりましょう!

「っていうか、これホントに私?
今、15ヤードから、ガンガン
ヘッドショット撃ってるんだけど」


「こんな過激なコース、
本当に大丈夫なんですか?!」


「朦朧としながらも、
とにかく集中して撃ちました」


高温多湿、
灼熱のグアム* で、
気が遠くなりそうになるほど、
撃ちまくっていただきます。

加減知らずで
ごめんなさい。


グアムで本格的なスポーツ射撃を
グアムスティールプレートチャレンジ

https://www.shootinguam.com/

* それが最近は
そうでもないんだよね〜
ハワイみたいに結構過ごしやすいよ〜  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)ShootingWCSGoGuamSteel Challenge

2018年04月08日

G19にするか、P320にするか、それとも、、、

Gen.5のグロック19にするか、
SIG P320のX-Carryにするか、
それとも、、、

SIG SAUERのP226 SAOに、
ROMEO1というダットサイトが載った
P226 Legion SAO RXというモデルが
出たんだけど、


「持ち歩くなら
 やっぱコレだよね〜
 Legionサイコ〜!」


な〜んて
気楽に考えていたんです。



ね〜カッコイイでしょ〜?


でも、先日、
試しにちょっとだけ
持ち歩いてみただけで、

シングルアクションの
オートマティックピストルを、
コックアンドロックで
ホルスタに入れておくなんざ、

緊張感ハンパないんだろうな〜

と、
超リアルにイメージ
できるようになりました。

コワイよ〜

あ〜〜〜
そういえば、、、

市郎さんのもとで
射撃の特訓を受けた時、

市郎さん、最初に僕に
XDをすすめてくれてたよなぁ〜

「グロックが撃ちたいで〜す!」

って、
XDじゃなくてグロックで
撃ち始めちゃったんだよな〜

スプリングフィールドアーモリーのXDって、
松葉崩しみたいなトリガーの、
あれだよなぁ〜


そっかぁ〜
グリップセイフティって、
なるほど、安心なんだね〜


チェンバーに弾が入っているかが
ひと目で分かるインディケーターだって、
リアサイトのすぐ下(スライドの後ろ)にあったら、
目で見ても指の腹で触ってもすぐ分かるし、


グリップアングルも
1911っぽくてナチュラルだし、
今頃になって撃ってみたくなりました。


トリガーセイフティーのみって、
いくら内部に構造上のマルチセイフティー
メカニズムが組み込まれているとは言え、
引き金を引くだけで弾が発射される
グロックやP320って、実は
エッジな銃なんだね〜


特にP320なんて、
コッキングされていても
されていなくても、
トリガーの位置、
一緒じゃね?

松葉くずしも
付いてないし、、、



XDもグロックもP320も、
どれも安全なんだろうけど、
安心感にそれぞれ個性があるんだね〜


コンディション1で持ち歩くか?
コンディション3で持ち歩くか?

「コンディション1で持ち歩かないと意味がない」

という先輩方もたくさんいるし、
コンディション3で持ち歩いていた人の
失敗例をいろいろ見てしまうと、

「確かに意味ないかも〜」

とか思っちゃうし、、、

そういえば、

「普段はコンディション3で持ち歩いていて、
状況によってコンディション1にしたらどうですか?」


というアドバイスを、
たけちゃんがしてくれたなぁ〜

しばらく
コンディション3で慣れてから、
コンディション1にするか〜

とはいえ、

Gun is always loaded.

銃には常に弾が入って
いつでも発射できる状態にある
ものとして取り扱うこと。

の原則に基づいて考えれば、どうせ
銃はいつもコンディション1の状態にある
ものとして操作するわけだから、

だったら弾、
ちゃんと最初から
チェンバーに入れとけよ〜

ってことになるよね〜

あ〜面白いな〜

アタマ
冷やして
再考しま〜す。

追伸:
ちなみに、コンディション4から
25ヤード先のターゲットを撃つ練習を、
タクティカルシューティングの
トレーニングでやると、
こんな感じ〜

A post shared by Isaiah (@cristobalconcepts) on

  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)GlockGunsP320SIG SAUER

2018年04月07日

ジャパンスティールチャレンジをフルコース撃とう!

JSC、ジャパンスティールチャレンジの練習が、
八王子の『イージーシューティング』という射撃場で、
毎週土曜日と日曜日に開催されているそうです。


ここのシューティングレンジですが、友だちの
カズヤんという男がレンジマスターをしています。
(あ、レンジマスターで合ってる?)

ステージの写真を
見せてもらったんだけど、

すご〜い!


広〜い!


カッコイイ〜!

今年のジャパンスティールチャレンジは、
2018年8月26日に開催されるそうです。

こんなに充実した
レンジで練習できるなんて、
東京ってすごいんだね〜

●ジャパンスティールチャレンジ練習会場利用可能日

4月08日(日曜日) 12:00〜18:00
4月14日(土曜日) 13:00〜19:00
4月21日(土曜日) 13:00〜19:00
4月22日(日曜日) 13:00〜19:00
4月28日(土曜日) 13:00〜19:00
4月30日(月曜日) 13:00〜19:00

JSC練習会場@EasySHOOOOOTING! 利用料金
1時間 1,000円(税込)

4月8日(日曜日)は、
本戦形式の記録会があるそうです。
12:00〜13:00 準備&試射
13:00〜14:00 記録会
14:00〜17:00 フリー練習
17:00〜18:00 記録会
18:00〜18:30 撤収
参加費用: 3,000円(税込)

無料駐車場完備なので、
クルマでも行けちゃいます。

詳細は、
ホームページや
電話で確認してね〜

EasySHOOOOOTING!
http://easyshoooooting.militaryblog.jp/e916310.html

営業時間
平日: 15:00〜23:00
土日祝: 12:00〜24:00
※ 翌日が休日の日は24:00まで営業。
※ 受付は30分前まで。

住所: 郵便番号 192-0012
東京都八王子市左入町791-6
ガーデン八王子インター店2階

電話番号: (042) 696-3941

FacebookのPageはこちら。
https://www.facebook.com/EasySHOOOOOTING/

行き方はこちらからどうぞ。
http://easy.kowlooncity0801.com/access.html

JAPAN STEEL CHALLENGE
http://japansteelchallenge.net/  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)ShootingSteel Challenge

2018年04月07日

取れたぉ〜

「タカヒロサ〜ン
 侍す居ず關島ぽ栗鼠deパるトメント
 結愛アプリケ○ション伊豆アップル葡萄ゥ〜」

慧風美意愛の
身辺調査が完了し、
私意思惟だぶYOUの
免許が取れました〜

変わってる変わってる〜
なに考えているのか分かんな〜い〜
ふかわりょうみたいでキ〜モ〜イ〜
ハッキングされそうでコ〜ワ〜イ〜
高田純次みたいでテ〜キ〜ト〜ウ〜

どれも
名誉なラベリング
で(気に入ってま)すが、
この度ここにあらためて、
タカさんが善良な市民である
ことが証明されました。

とはいえ、、、

なんかね〜
島内では軽々しく
言っちゃダメダメな
雰囲気なので念のため〜

ほら〜
一応ね〜
どこでだれが
ぐーぐるぐるぐる
トラ○ス○〜トして
読むか分からないので。

ニッポンの皆さんには
ご報告まで。

他言無用で
お願いしま〜す。

で、
今日(2018年4月6日金曜日)、
早速、持ち歩いてみました〜


4月8日の日曜日に
フルマラソンがあるので、
ゼッケンとTシャツを受け取りに
某エキスポ会場まで行ってきました。


G19のマガジン2本に15発ずつ入れて、
多門の界隈を6kmほど歩きました。


はっきり言って、
ぜんぜん落ち着かなかったです。

行き交う人の眼が気になるので、
すれ違う人には普段よりもガン見がちに
(相手の目線を自分の顔に向かせたいので)
挨拶しちゃうし、ツーリスト向けの
屋内射撃場の呼び込みの兄ちゃんに
「射撃シマセンカ〜」って言われて
「大丈夫、持ってるから〜」って
言っちゃうし(言わないってば)、
誰よりも自分が一番緊張しているし、
バレないようにおなか引っ込めながら
歩かないといけないし(ハイ、痩せます)。


やっぱシャレになりませんね〜

中途半端な気持ちでは、決して
持ち歩いちゃイケマセンね〜

帰ってきて思ったんだけど、
G19用のマガジンは銃に入れておく1本にして、
予備マガジンはG17用のそれが良いね。

リロードしやすいし、
弾も2発多く(17発)入るもんね。

19のマガジン、
6本も買っちゃったんです。

G19がダブルフィードした時とか、
たとえマグウェルが付いていたとしても、
G17のマガジンだったら抜きやすいだろうし、
あぁ〜17のマガジンを買い足せば良かったな〜

で、


アペンディックスホルスタですが、

ホテルのトイレで
初めて気がついたんだけど、
銃口の真下にアレがあるので、
はっきり言って、
「コレ、ムリ〜」
だと思いました。


横に吊るか、せめて
コンディション3にして
収めておくかじゃないと、
おへその前に入れるのは
や〜っぱち〜ょっとね〜  
Posted by Taka at 01:11Comments(4)LifeGlockGuns

2018年03月09日

War Sport LVOAライフルの「LVOA」って

War Sport LVOAライフルの「LVOA」って、
「Low Visibility Operations Application」の頭文字で、
レシーバーやハンドガードなどが、
ナイトビジョンに映りにくい
IRセラコーティングされているのだそうです。


IR加工とは(2014年12月17日) 鈴友株式会社 職人技の表面加工業者
http://suzutomo.militaryblog.jp/e615393.html

War Sportのウェブサイトによると、
彼らのフラッグシップモデルであるLVOAシリーズは、

1. Nitride finish on barrel, gas tube, and bolt carrier group
2. Rail and receivers are Type-3 hard anodized before custom Cerakote finishing
3. Superior accuracy - Stays on target for next shot
4. Flat flash signature - Virtually zero muzzle rise
5. War Sport muzzle break ensures: Flat shooting, Reduced flash, Minimal recoil

さらに、


All War Sport rifles come with a lifetime warranty

なのだそうです。


とはいえ、
会社が別の会社になっちゃったら、
保証とかってどうなっちゃうんでしょうね〜


.223は$3000以上しますが、
9mmだと3割り引きくらいでした。


The Official War Sport LVOA Rifle  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)GunsPistol Caliber Carbine

2018年03月07日

マグプルのサイトセットとSIGのRomeo5

War Sportの
LVOAライフルには、
照準器が付いていません。


自分で好きなものを取り付けてね。

っていうことなのだろうと思います。


このままでも
ショットガンのように
撃とうと思えば撃てますが、ショットガンや
MGCのシューターワンのように(笑)アバウトではないので、
やはりなんらかの照準器が必要です。


一昨年だったか、
マグプルのバックアップサイトと
SIGのROMEO5というダットサイトを手に入れたものの、
そのままほったらかしにしていたのがあったので、
これらを取り付けてみようと思います。






お〜!


いいじゃん
いいじゃん





まだ
ゼロインしていませんが、
なんかこのままでも
良く中るような気がします。


超レア! シューターワン モデルガンの発火でターゲットを倒す! エラン コンバットコマンダーで撃って見た。マック堺の毎週月曜玩具レビュー動画
https://youtu.be/lr5Dfq3g5cw?t=1m17s  
Posted by Taka at 08:08Comments(1)GunsPistol Caliber Carbine

2018年03月05日

War Sportってなくなっちゃってたのん?

ま、いっか〜

と、
思っていたんだけど、


ちょっと気になったので
調べてみたら、

なんと!

War Sportって、


War Sport is Dead, ZRODelta is Carving a New Path
http://www.recoilweb.com/war-sport-is-dead-zrodelta-is-carving-a-new-path-133011.html

去年(2017年)の11月、
ZRODeltaという会社に
吸収されちゃったみたい。

2016年のショットショウでは、


War Sport GPR-CC Launch

GPR-CC (General Purpose Rifle - Combat & Competition)というARライフルを発表したり、

2017年のショットショウでは、


War Sport Website Video

.223以外にも、
.308や9mmが撃てるライフルを、
LVOAシリーズとしてラインナップさせていたのにね〜

ZRODeltaって、
レイルアダプタとか
スコープマウントといった
パーツを作っているメイカーのようだけど、
War Sportのハンドガードが、
パーツとして売られるようになるかもしれませんね。  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)GunsPistol Caliber Carbine

2018年03月03日

WarSportのLVOAが届いたぉ〜

9mmが撃てるライフルが欲しいなぁ〜

と、思い、

WarSportのLVOAをオーダーしました。


アラ?

なんか、
思っていたのと
違うなぁ〜


トリガーもグリップも、
あ、ストックも違うなぁ〜


ん?


ダストカバー、
付いていないし〜

ま、いっか〜

  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)GunsPistol Caliber Carbine

2018年02月28日

BCMのパーツがいろいろ届いたぉ〜

ライフルも上手に
撃てるようになりたいな〜

と、思い、


BCMのパーツをオーダーしました。  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)M4