2016年06月28日

STIオーナー必見! マガジンの調整方法

マグチェンジなどで
何かと酷使されるマガジンですが、
やはり定期的にメンテナンスが必要です。


Atlas Gunworksさんが、STIの、
2011のマガジンの調整について、
分かりやすく解説しています。

まず、
最初のポイントは
フィードリップ。


年に2〜3回は
ノギスでチェック。

次に、マガジンスプリングのテンション。
指で押すと、スムーズにカートリッジが飛び出すか確認。

実際にチェンバーに装填しながら、
エジェクト&フィーディングが
きれいに繰り返されるかどうか確認。


これはブレットの形状も影響してきますので、
普段、(試合で)使用するカートリッジを使っての作業になります。


取り扱いが正しければ安全とはいえ、
なかなか緊張する作業ですよねぇ(笑)?

たくさん撃つ人は、
四半期ごとに
マガジンスプリングを
新品と交換するのだとか?!

それはたいへんだ、、、


How to re tune a 2011 mag / Atlas Gunworks

STIですが、こちらで買えます。  
Posted by Taka at 18:00Comments(0)Shooting

2016年06月27日

ハンドガンをホルスターからスムーズにドロウして上手に撃つために

トラヴィス ヘイリー(Mr. TRAVIS HALEY)による、
ハンドガンをホルスターからスムーズにドロウして上手に撃つためのDP。


普段、当たり前のようにやっているドロウを、
5秒の時間をかけて、それぞれの動作を確認しながらゆっくり撃ちます。

5秒で撃てたら、
次は4秒で、その次は3秒で、と、
徐々に時間を縮めていき、最終的には
0.7秒で撃つところまで追い込んでいきます。

DP(=DELIBERATE PRACTICE)、日本語だと
「集中的訓練」とか「計画的訓練」と訳すようですね。

"I fear not the man who has practiced 10,000 kicks once, but I fear the man who has practiced one kick 10,000 times."

と、あのブルースリーも言っていたように、
計画的に集中して練習を繰り返すことが非常に大切。

ただ1万回キックするくらいなら、
1回の集中したキックを1万回繰り返す方が
効果がある、ということなのでしょう。

宮本武蔵によると、
鍛錬の鍛は1千回練習することで、
錬は1万回練習することを意味するのだそうです。

ってことはですよ!
鍛は1000日、
錬は10000日、すなわち!
鍛は3年、
錬は30年もの時間を要する
ってことですよね?!

智恵、道理、道があって
初めて心は空になると言った武蔵。

鍛錬の先に空が、
すなわち無があるのでしょう。

無とは
迷いがなくなる
ということですので、
「迷わず撃てる」
って、実はとっても
すごいことなのですね。

皆さんも一緒に
練習しましょう!


HANDGUN DRAW DELIBERATE PRACTICE
  
Posted by Taka at 21:00Comments(2)Shooting

2016年06月13日

ZEVのマグウェルのその後

ZEVの
ブラス(真鍮)製の
マグウェルが届きました。


マグウェルの他に、
返信用のボックス、
ステッカー、ボールペン、そして
グミが入った小さな袋が入っていました。


ハリボ(HARIBO)のグミは、
グアムの免税店でも
売られているほど有名ですが、
でもどうしてグミだったのでしょう?

発送担当の方の手元に、
たまたまあったから
ついでに入れてくれたのかなぁ。

返品用の郵送ボックスに、
アルミのマグウェルト一緒に、
日本からのお土産でいただいた
チョコレートを入れておきました。


さて、

ZEVが公表している
各パーツの重さは以下の通りです。

ZEV Magwell

Magwell insert weights:
Ultralight = 0.5 oz.(14.17g)
Small = 1.0 oz.(28.35g)
Large = 2.0 oz.(56.70g)

Insert Weights COMBINED with Magwell Selection:
Slim Magwell with Ultralight insert weights 1.8 oz.(51.03g)
Slim Magwell with Small insert weights 2.3 oz.(65.20g)
Slim Magwell with Large insert weights 3.3 oz.(93.55g)


Aluminum Speed Feed Magwell with small insert weights 4.5 oz.(127.57g)
Aluminum Speed Feed Magwell with large insert weights 5.5 oz.(155.92g)

Stainless Steel Speed Feed Magwell with small insert weights 6.7 oz.(189.94g)
Stainless Steel Speed Feed Magwell with large insert weights 7.4 oz.(209.79g)


Brass Speed Feed Magwell with small insert weights 6.8 oz.(192.78g)
Brass Speed Feed Magwell with large insert weights 7.9 oz.(223.96g)

*All weights estimated and subject to minor variances.

上記から、以下の通り、
それぞれの重さが分かります。

Ultralight insert weights 0.5 oz.(14.17g)
Small insert weights 1.0 oz.(28.35g)
Large insert weights 2.0 oz.(56.70g)

Slim Magwell 1.3 oz.(36.85g)
Aluminum Speed Feed Magwell 3.5 oz.(99.22g)
Stainless Steel Speed Feed Magwell 5.7 oz.(161.60g) or 5.4 oz.(153.09g)
Brass Speed Feed Magwell 5.8 oz.(164.43g) or 5.9 oz.(167.26g)

アラ?
ステンレスと真鍮のマグウェル、
どちらの重さもなにかヘンですねぇ?

せっかくなので、
実際に測ってみましょう。


Small insert weights 46g


Large insert weights 77g

全然、違うじゃ〜ん!


Aluminum Speed Feed Magwell 44g (1.55 oz.)


Brass Speed Feed Magwell 135g (4.76 oz.)

アルミのマグウェル、軽〜い!

公称データ、
アテになりませんねぇ?

まぁいいや。

ということで、
以下の4通りの組み合わせが
可能だということが分かりました。


Aluminum Speed Feed Magwell + Small insert weights 90g


Aluminum Speed Feed Magwell + Large insert weights 121g


Brass Speed Feed Magwell + Small insert weights 181g


Brass Speed Feed Magwell + Large insert weights 212g

真鍮製のマグウェルですが、
しっかり重かったです。

グロックって、
17だと
空の状態で710グラム、
弾を込めた状態で910グラムあります。
34だと、
それぞれ20グラム重い、
730グラムと930グラムです。

そこに
一番重い組み合わせの
Brass Speed Feed Magwell + Large insert weights 212g
を組み込むと、

17だと922(1122)グラム、
34だと942(1142)グラムになります。

1100グラムって言ったら、
スプリングフィールドの
1911と同じくらいかなぁ?

https://www.cqbguam.net/sfa-trophy-match/

ウ〜ム、、、

全体の重さも気になりますが、
銃の下の方が重くなることで、
動作やリコイルフィーリングに
どのような感触の違いが出るのか、
今から興味津々です。

グロックでビアンキプレートを撃った時、
17+1で撃ち始めて、
3回目(残りの6発)を撃とうとしたら、
銃の軽さが気になったのを覚えています。

同じ弾の数を撃つのであれば、
装填済みの銃は重ければ重いほど、
重さの減り具合が相対的に小さくなるはずです。

ということは、
それだけ撃ち味が変わりにくいはず。

ハテサテ、
いつ試せるのやら、、、

ちなみにZEVのマグウェルですが、どちらも
アノダイズ(アルマイト)仕上げが施されていて、
硬さはロックウェル60とのことです。

理屈でいけば、
傷の付きやすさは
同じということになります。

このマグウェルって、
エアガンにも付くのかなぁ?

東京マルイの
グロック34と
ハイキャパを買って、
部屋でドロウの練習とか、
しようかな。

って、
グアムで
買えるのかなぁ?!  
Posted by Taka at 23:23Comments(2)Glock

2016年06月10日

NRAの生涯メンバーになりました



ナショナルライフルアソシエーション(NRA)の
生涯メンバーになりました。



いつもお世話になっているTUFFプロダクツの方が、
私もライフメンバーになったわよ〜! と言うので、
僕もマネして加入することにしました。


NRAの公認インストラクターとか、
トレーニングオフィサーとか、
レンジオフィサーといった資格も、
これからひとつひとつ取得していくつもりです。



  
Posted by Taka at 05:18Comments(0)Life

2016年06月09日

ナンバープレートが付いたぉ

6月ももう9日です。


2月に市(ナナ)タコマが
グアムに上陸
して、
早4カ月が過ぎようとしています。

ライセンスプレートを注文したのですが、
いつまでたっても連絡がありません。

銃じゃないので
「まぁいっかぁ〜」と
気長に待っていたのですが、
それにしても遅くないか?!?

DMV(グアムの陸運局)へ行き、
直接、聞いてみることにしました。

空いている〜!


空いていたのは窓口だけで、
列に並ぶこと50分、、、

なんて聞こうかなぁ。

Can I ...
I came here for asking ...
May I ...
Could you ...

どんなニュアンスなんだろう?、、、

「Next」

あ、僕の番です。

「あのぉ〜、
 パーソナライズド
 カスタムライセンスプレートを
 注文したのですが、、、」

「いつ注文したの?」

「え、え〜っと、、、
 2月です。さ、3カ月以上前です」

「連絡、なかった?」

「ありません!」

と、言いたかったのですが、

「僕が電話を受け損ねたのかもしれません」

と、答えると、

「ハイ、良くできました」

と、言いたそうな
笑みを浮かべながら、
窓口のおばちゃんは
別室へと消えていきました。

しばらくして、、、





ジャ〜ン!


できてるジャ〜ン!

登録証($10)と
車検ステッカー($3)の代金を支払い、
無事、受け取ることができました。


ちなみに
このカスタムナンバープレートですが、
登録料として$50、
作成料として$12、
$12の額面の特殊な小切手を銀行で作ってもらうのに、
手数料として$17だかを支払いました(額面より高いじゃん!)。

合計で$100くらいかかりました。

せっかくなので、
ライセンスプレートのフレームも
アマゾンで注文しました。

最初、赤色のフレームを注文したのですが、
届いた現物を見たら「なんか違うかも〜」と思い、
再度、黒のフレームを注文。

結局、2セット買ったので、
送料込みで$100ほどしました。

なんだかんだで
$200もかかってるし、、、


『GOGUAM』

街中でのウケは良いです。
(と、勝手に自分で思っています)


アラ? バンパーに隠れて、
フレームが見えませんね(笑)。  
Posted by Taka at 16:19Comments(0)GoGuam

2016年06月07日

ZEVのマグウェルが届いたぉ

撃つ時間も
作れないくせに、
また買ってしまいました。

グロック用の、
ZEVのマグウェルです。


アルミニウム製と真鍮製、
あとステンレス製の3種類があって、
さらにインサートが3種類(の重さが)あり、
9通りのセッティングが可能です。


で、
真鍮製のマグウェルに一番重いインサートが付いたキットと、
アルミ製のマグウェルに軽めのインサートが付いたキットと、
2つのキットを注文してみました。


真鍮製のマグウェルに一番重いインサートが付いたキットは、
重さが225.10g(7.94oz.)あります。

アルミ製のマグウェルに軽めのインサートが付いたキットの
重さは100.36g(3.54oz.)です。

この2つのセットを買えば、

真鍮製のマグウェルに軽めのインサートが付いたキット
重さ193.91g(6.84oz.)

と、

アルミ製のマグウェルに一番重いインサートが付いたキット
重さ131.54g(4.64oz.)

も、試せます。

225.10g
193.91g
131.54g
100.36g

これらのどれかの組み合わせで、
グロック34に付けてみようと思っています。

で、

アラ〜?!


2つともアルミじゃ〜ん。

真鍮製のマグウェルに一番重いインサートが付いたキット

じゃなくて、

アルミ製のマグウェルに一番重いインサートが付いたキット

じゃ〜ん、、、

返品&交換します。

今回は、
テキサスの
『Omaha Outdoors』という、
SAIのカスタムガンも取り扱っている
大手の業者さんです。

その旨お伝えしたところ、

「新入りが間違えたみたい。ごめんね」

って、お返事がありました。

グアムから返品って、
片道20分かけて郵便局まで行って、
4、50分並んで手続きしたりなんかして、
なんだかとっても時間がかかるんですよね〜(笑)
  
Posted by Taka at 23:23Comments(2)Glock

2016年06月07日

ゴーストのホルスタのその後

先月、
1911用のゴーストのホルスタが届いた
と思ったら、
壊れていたので返品しましたが、
新しいホルスタが届きました。


たけちゃんからもらった
グロック用のそれを参考にしながら
ベルトに取り付けてみたのですが、

何かが違う、、、


と、思ったら、

な、なるほど、、、


ホルスタ本体が取り付けられている
マウントスクリューの位置が違うので、
グロック用の方が(ベルトから)遠くにあるのですねぇ。

って、
この写真では
分かりにくいですね。

で、
やっぱり
サファリランドの
モデル014でしょうかね。

とはいえ、
撃つ時間が作れないので、
とりあえず飾っておきます、、、

  
Posted by Taka at 19:00Comments(3)1911

2016年05月13日

永住権の更新

外国人がアメリカ合衆国内で働くには、
それなりのヴィザ(査証)または
永住権が必要です。

僕は、24歳の時に
ジャーナリストとして
渡米しました。

ジャーナリストとして
アメリカ国内で活動するためには、
Iというタイプのヴィザが必要です。

僕はこのヴィザで
15年間、日本とアメリカを
行ったり来たりしていました。

そして10年前に、
永住権をいただきました。

この永住権、
有効期間は10年間なのですが、
失効するので更新手続きをしました。

更新手続きに伴い、
指紋押捺とか写真撮影とかあります。

更新手続きは
オンラインでできます。

更新手数料は$450也。
なかなか良い値段です。

申請すると、
指定された日時に、
指定された場所に行って、
それらの手続きを行います。

で、


行って参りました。


お〜!


カッコイイ。

ついでにソーシャルセキュリティオフィスに寄って、
ソーシャルセキュリティカードも更新してきました。


余談です。

永住権を持ってアメリカ国内で働き、
アメリカに納税している人たちのことを、
グリーンカードホルダーと言ったりします。

その昔、永住権保持者のためのカードが
緑色だったことからそう呼ばれているのだとか?

「グリーンを取って
 グリーンを稼ごう」

グリーンカード(永住権)を取得して、
グリーン(USドル紙幣の色紙=お金)を稼ごう。

という意味です。

景気の良かった頃のアメリカに憧れた、
外国人移民たちの合い言葉だったそうです。

2016年。
世の中
いろいろ
変わりましたねぇ、、、

新しいグリーンカードは、
今年の秋頃までには受け取れるようです。

9月頃には
日本に行けると
イイなぁ〜
  
Posted by Taka at 15:17Comments(3)Life

2016年05月11日

スラックラインが届いたぉ

お〜!


スラックラインが、
届いたぉ〜!


もう10年以上前から
気になっていたんだけど、
今頃になってやっぱり買ってみました。

ラインの長さは
50フィートだって〜!

15メートルの間が開いた
2本の木が必要だって〜!

そんな木、
どこにあるんだろう?

まずは場所を見つけないと、、、

で、
はたして
本当にできるんだろうか?

スラックラインって、









こんな感じなんだよね。



なんか、



結構、



たいへんそうだなぁ〜

でも、



楽しそうです。

  
Posted by Taka at 19:19Comments(4)Goods

2016年05月11日

ゴーストのホルスタが届いたぉ

お〜!


ゴーストの
ホルスターが、
届いたぉ〜!


年末にたけちゃんからもらった
グロック用のそれ
が良かったので、
1911用も注文してみました。

お〜!


お?


おぉ?!


壊れてるし、、、

返品しま〜す!  
Posted by Taka at 14:10Comments(5)Goods1911