2018年01月22日

T.REX ARMSのCCW用アペンディクスホルスター

T.REX ARMSの
サイドカーという
ホルスターを注文した

http://takatake.militaryblog.jp/e892247.html


ものの、

普段、
ベルトしないし
どうせ短パンだし、
相当気合いを入れないと
これを使ってドロウの練習なんか
しないだろうなぁ〜と思いながら、

やっとカタチになってきたグロックもどきを
思い切りホルスターに収めようとしたら、、、


キエェ〜イ!


中指の付け根を、
ホルスターと
マガジンキャッチボタンで
はさんでしまいました。

左利き用も良く作り込まれているなぁ〜


なんて感心していたのですが、
ハイグリップできるように
トリガーガードの下を削り込んであるため、
このようなことが起きたのですね〜


やっぱり練習が必要ですね〜  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)ShootingGoodsGuns

2018年01月07日

チューンナップしてみたぉ〜

ローンウルフで
マイナスコネクターを注文しました。


ついでに、
穴の空いた(軽い)
ファイアリングピンも。


あと、
トリガースプリングとか
ファイアリングピンスプリングとか
ファイアリングピンセイフティとか
ファイアリングピンセイフティスプリングとか、
バネをいろいろ買いました。


リコイルスプリングガイドも
ステンレスのものを注文しました。


リコイルスプリングも、
13パウンドと15パウンドのそれを買いました。


ノーマルは17パウンドだと思います。


はじめに本体のみで撃ってみたところ、
全弾スライド閉鎖不良でジャムりました。


スライドが完全に後ろまで
下がりきっていない感じです。
ガツンというショックがないので、
フワフワしたなんとも不思議な撃ち味でした。


フラッシュライトを
レールに取り付けて撃ってみたところ、
全弾(15発)きれいに撃つことができました。


フレームの前の部分が重くなったため、
スライドが下がりはじめても
フレームがそのままの位置を保とうとして、
後ろまでちゃんとブロウバックしたのだと思います。


ライトが付いた状態なら、
両手でしっかり握って撃てば、
確かに作動しました。

とはいえ、
ウィークハンドオンリーでゆる〜く握って撃ったら、
スライドが最後まで下がりきらないような気がしたので、
13パウンドと15パウンドのリコイルスプリングを
試してみようと思ったわけです。

スティールプレート(マッチ)用の
リロード弾を撃つわけではないので、
現状だと13パウンドのリコイルスプリングは
使わないで済むかもしれません。

市グロック(グロック17)やグロック34で
マッチ用のリロード弾を撃っていた時には、
11パウンドのリコイルスプリングを入れていました。

ちなみに、スプリングフィールドの1911には、
7パウンドのリコイルスプリングを入れていました。

ノーマルは13パウンドだったような気がします。
イヤ、11パウンドだったかもしれません。

ん〜、、、
ま、いっか。

5.5〜6パウンドを
4パウンドにしてくれる
ローンウルフのマイナスコネクターですが、

トリガーをなだらかに(長く)引かせて
その分トリガープルの重さを軽くするというものです。


6パウンドで2ミリ引かせて
ファイアリングピンをリリースさせるところを、
4パウンドで3ミリ引かせて
ファイアリングピンをリリースさせるといったイメージかな〜


なので、トリガーメカニズムハウジング内にあるファイアリングピンをリリースするパーツがきちんと下に下がらないと、トリガーを引き切ってしまってもファイアリングピンがリリースされない場合があります。


また、
ファイアリングピンスプリングの強さによっても、
トリガープルの重さが変わってきます。

弱くし過ぎるとプライマーが発火しないし、
強くし過ぎるとトリガープルが重くなります。

ここらへんのバランスは、
いろいろ試してみるしかありません。


トリガースプリングを強くすると、
ファイアリングピンスプリングをリリースさせるための
トリガープルの重さが相対的に軽くなるんだけど、

ローンウルフのトリガースプリングは、
ノーマルのそれとあまり変わらないか、逆に
弱い(柔らかい)んじゃないのってな感じがしました。


ZEVのそれは明らかに強い(硬い)と分かるんだけどね〜

ローンウルフのスプリングは、どれもこれも弱め。

トリガースプリングも
ファイアリングピンスプリングも
ファイアリングピンセイフティスプリングも
どれもぜ〜んぶ弱め(柔らかめ)って感じです。


ファイアリングピンセイフティもラウンドされていて、
トリガーバーが押し上げる時の当たりが柔らかそうです。

ファイアリングピンセイフティスプリングも細く柔らかいので、
その分、トリガープルの重さもそれなりに軽くなることでしょう。

穴が開けられ軽量化されたツルツルの
ファイアリングピンを入れて組んでみたところ、
3パウンドしないくらいまで軽くなってしまいました。

こんなもんを
お腹に差して持ち歩くのは
イヤイヤゴメンだなぁと思い、
あまっていたZEVの3パウンドだか
4パウンドのそれをインストールしました。


これで、最終的な
トリガープルの重さは
4パウンドくらいになりました。

ZEVのトリガーキットを入れた
グロック34が3パウンドくらいなので、
それと比べれば確かに重いのでしょうけど、
重さに関しては気になりません。

レットオフのあとの
引き代もほとんどありません。

ただ、
レットオフのタイミングが
分っかりにくいです。

キレがないっていうか、
ダルっていうか、なんか
シャープさに欠けるっていうか、
生きてるって感じが、イヤ、
撃つぞ〜って感じが、
しないんだよね〜

何百回かゆっくり引き込んでみたら
ずいぶん分かってきた気がするけど、

なんかこう、、、
味わえないっていうか、
あまりおもしろくないっていうか、、、

素直と言えば素直

なんだけどね〜

つかみどころのない、
今時の若いキ○イな○の子のような
トリガープルになりました。

ためがないっていうか
いきなりキレるっていうか
いさぎよすぎっていうか
あきらめ早〜っていうか
あ、もうイッちゃったの?

みたいな感じ〜

個性がないのが個性っていうか、
それはそれで素直っていうか、、、

まいったなぁ〜
テンションさがるぅ〜

キ○イな○の子は
キ○イじゃないけどね〜

何かにとりつかれたように、
ひたすらバタフライナイフを
開けたり閉じたりしてしまうような、
いつまで空撃ちしていても飽きないような、

そんな銃って、
何がありますかね〜?

SIGのP320の
コンパクトRXの
X-Five、
気になるなぁ〜
(そんなのないケド)


グロックのパーツで作ったハンドガンを試射  
Posted by Taka at 08:08Comments(4)ShootingWCSGlock

2018年01月06日

撃ってみたぉ〜

撃ってみました!


ジャムしかしませ〜ん(笑)!




やっぱ




Gen.5の
G19を買うか〜

  
Posted by Taka at 19:19Comments(2)ShootingGlockGuns

2018年01月01日

作ったぉ〜

新年明けましておめでとうございます。


それでは組み立てちゃいましょう〜


バリを取ったり
トンカントンカンしたりしながら、


とりあえず組み上がりました。


スライドを引っぱってみましたが、


シャコシャコジャロジャロイマニです。


動きそうな予感がしません。


あ、一応、
サイトも付けるか、、、


せっかくだもんね〜


ってなワケで、


こんな感じで、


カタチにはなりました。


いかがでしょう。








ん〜、、、


普通だね〜  
Posted by Taka at 11:11Comments(6)GlockGuns

2017年12月31日

作るぉ〜

うぉおぉおぉおぉ〜

もう大晦日じゃ〜ん


グロックの
パーツで作る
ハンドガンですが、
作るぉ〜!


こちらがオリジナルフレーム。
これを加工して組み立てていきます。

まずは穴開け。
3mmと4mmの穴を、
それぞれ2つと1つ。


オレンジ色の箱が治具です。

開きました〜


フレームは
プラスティックなので
ゆっくりと回転させながら
開けました〜

次に、
メインブロックと
トリガーユニットが収まる部分にある
余計なパーツを取り除きます。


他の人たちの作業の様子をYouTubeで観ると、
ミーリングマシンやヤスリを使っているのですが、
こんなもん平ニッパーでパチパチパッチンダロ? と、
爪切りの要領で切り取ってみました。


切れました〜


で、
ヤスリで仕上げ〜


っと、
思いましたが、


面倒くさいので
カッターナイフで
チョイチョ〜イ〜


リコイルスプリングが収まる部分も、
ニッパーで切って
ペンチでむしり取ってから、
ドレメルでギュ〜ン〜


リコイルスプリングが収まりました。


これでなんとかなるでしょう〜


良いお年をお迎えくださ〜い!  
Posted by Taka at 19:19Comments(2)GlockGuns

2017年12月21日

スパルタンのENYOが届いたぉ〜

ホリデイシーズンになると、
いろいろなお店でセールをします。

僕もこの時期になると、
いろいろとお買い物します。

LaRueのTシャツが半額になるので、
ここ数年、毎年買っています。
今年も5枚ほど買いました。

毎年Tシャツばかりでは申し訳ないなぁと思い、
今年は他のアイテムも注文してみました。

とはいえ、他には
特に欲しい物がありません。

帽子は一昨年買いました。

去年はロングTシャツも買いました。

ライフルは、
LeRueよりも
Noveskeが好きで、
来年の今の時期には
2割引で買ってやろうと
今から励みにしています。

で、今年は、
コースターと
ナイフを注文しました。


どうしてコースターかというと、
レザーのコースターだったからで、
バカラのロックグラスとかに合うカナ?
と、思ったからです。

(LaRueのホームページより)

あ、あと、
半額だったので
LaRueのM4用のグリップも
2個、注文しました。

(LaRueのホームページより)

で、ナイフなのですが、
写真がカッコ良かったからです。

(Spartan Bladesのホームページより)

届いたナイフをよく見ると、
LaRueが作ったものではなく、
Spartanというメイカーのものでした。

スパルタン?
どっかで聞いた
ような気が、、、

ナイフには
ENYOという名前が
ちゃんと付いていて、
YouTubeで検索して観ると
「えんにょ」とか
「いんにょ」とか聞こえます。

「え」と「い」の間って感じですが、
だからといって「うんにょ」ではありません。

SHOTショウでインタビューに答えながら
えんにょを紹介している動画を観たんだけど、
あれ〜? このおじさん、
去年のSHOTショウでお目にかかった方じゃん。

そっか〜

このナイフって、
山下刃物店で扱っていたんだね〜
http://yamashita.ocnk.net/product/1904

ベルトの内側に収められるように、
ループが付いたシースが付いています。
首から提げられるようにチェーンも付いています。
チェーンの代わりにパラコードも付いています。

で、いろいろと試してみましたが、
結局、こんな感じにしてみました。


チェーンを短くし過ぎたので、
ラルフローレンの靴紐にしてみました。

革だからでしょうか、
首から提げた時に軽く感じます。

ナイフですが、
新品だからでしょうね、
とっても良く切れます。

でもコレ、
何に使おう?

グアムなら
普段から持ち歩けるけど、
屋外で使えそうな状況を
まったく思いつけません。

ちなみに、
こちらのナイフですが、
メイカーに送れば
一生無料で研いでくれる
そうです。

やる〜
すぱるたん!  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)Goods

2017年11月30日

新しいイヤマフが届いたぉ〜

バ〜ン!


って、
大きな音がした時だけ
遮断してくれるタイプのイヤマフですが、
どうしてでしょう? よく壊れます、、、


電池で動く
イヤマフは、
これで4個目。


今度は長く使えるといいなぁ〜

今回は、
ペルターの
タクティカル500
というモデル。


Bluetoothが付いていて、
iPhoneで音楽が聴けたり
電話が受けられたりします。


なので、一応
ヘッドフォンとしても
使えます(音はイマニだけど)。


単4ではなく
単3電池2本で動く
というところに好感が持てます。


最近は、
ライフルの
ダットサイトも、
電池はAA(単3)なのだとか?


手に入りやすいし、
安いもんね〜


大きな音を遮断する機能とともに、
イヤマフにはマイクロフォンが付いていて、
小さな音を増幅してくれる機能も付いています。


ボリュームを大きめにすると、まるで
補聴器を付けているかのように良く聞こえます。
(補聴器、まだ付けたことないけど、、、)


ただ、大きな音を遮断したあとに、
通常の音をマイクで拾いなおすまでに、
ビミョウにタイムラグがあるのです。


僕はこれが好きではありません。

大きな音を遮断したら、直ちに
通常のボリュームに戻って欲しいのですが、
そういうイヤマフって、きっと
良い値段がするのでしょうかね〜

ヨドバシカメラの
ヘッドフォンコーナーのように、
さまざまなメイカーのイヤマフが
試聴できればいいのになぁ〜

MSAのイヤマフが
気になっているのですが、
これがまた良い値段がするのよね〜

試聴してからじゃないと、
ちょっと買えないかも〜  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)Goods

2017年11月29日

ホルスターが届いたぉ〜

T.REX ARMSの
ホルスターが届きました。


『Sidecar』という名前の
アペンディクスホルスターです。


ベルトの内側、
Gパンなどの内側に入れて使う、
インサイドウエストバンドホルスターです。


ライトが銃に付いた状態で
収められるタイプにしました。

予備のマガジンも、
一本、添えられます。


お〜

かっこいい〜

でも、


入れる銃がまだな〜い

で、

兄ちゃんが撃つと、速くて上手〜


Sidecar Speed Reloads with Glock 19s FPS Style
https://www.youtube.com/embed/AgwruikpmG8?rel=0  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)Glock

2017年11月28日

グアム de グロック Gen5 5つの特徴

グロック社が、
第5世代の17と19を
一般向けに発売するようになって、
3カ月が経ちました(8月25日でしたっけ?)。


Gen4から
20カ所を越えるデザインの変更がなされた
グロックGen5。


中でも特に、
グロックがオフィシャルにアナウンスした、
『Gen5の5つの特徴』を確認してみましょう。


nDLC Finish
スライドの表面がより丈夫になり、
腐食に強く、傷がつきにくくなりました。
(グロックのキズとか気にする人、いるんだね〜)

Glock Marksman Barrel
25ヤード以上の距離から7インチ以下の命中精度を保証。
(ん〜、保証までしているかどうかは分からんけんど、、、)

No Finger Grooves
よりエルゴノミクスになり、手が小さい人など、フィンガーグルーブ(フィンガーチャンネル)がフィットしないシューターでも、手の大きさに関係なくグリップしやすくなりました。

Flared Mag Well
マグウェルが広がり、超緊張状態でのマガジンの抜き差し(リロード)がしやすくなりました。マグウェルの前の部分を大きくカットしたことにより、何らかの理由でマガジンがスムーズに抜けないような状態でも、マガジンバンパーに親指をひっかけ(て強制的にマガジンを抜き)やすくなりました。
(超緊張状態(ハイストレスシトゥエイション)ですが、サバイバルゲームやシューティングマッチでも経験できますので、疑似体験してみたい方は是非おすすめします)

Ambidextrous Slide Stop
Gen5は、左利きのシューターにより使いやすくなりました(!嬉!)。Gen4で採用したマガジンキャッチに次いで、Gen5ではスライドストップレバーもまた両側で操作できるようにしました。

へぇ〜
そうなんだ〜



まだ数百発ほど撃っただけですが、
Gen5のグロック17と19を撃ってみた
個人的な感想は以下の通りです。

グリップが握りやすくなりました。

が、

実際に撃っている時には、
「やっぱGen5のグリップいいなぁ〜」
とかまでは思い(気がつき)ません。

ドライファイア(空撃ち)で
トリガーをじっくり引いた時に、
レットオフの(ストライカーがリリースされた)あとの
オーバートラベル(引き代)が、
Gen3やGen4と比べると気にならず、
なんだか上手くなった気がして
気持ちが良くなりました。

が、

実際に撃ってみたら、
そんなことはアタマからすっぽり抜けてしまい、
撃ち終わってみれば、
Gen4もGen5もイイ感じ〜

ほかは特に以前のGlockと変わらないかも〜

ってことは、

実際に撃つと、

変わらない

ってこと?!?

かわらないのではなくて、僕が
わからないだけだったりなんかして〜



それはみなさんで
確かめてみてくださいね〜

あ、あと、
新型新品なので
気分が良かった
です。
(コレとてもだいじ〜!)

楽しみにしていた
アンビスライドストップレバーですが、
オートマチックを撃つ時には、今までず〜っと
左手の親指をけっこうフレームにぴったり付けていたようで、
気がつかないうちにスライドストップレバーに親指をのっけてしまい、
最終弾を撃ち終えてもスライドストップが効かないことが判明。

他の左利きシューターの
感想を確認したわけではないので、
みんながみんなそうだとは思いませんが、
これはもうGen5グロックの「仕様」ということで、
使い手が合わせないといけないのでしょうかね〜

そういえば、
右利きのみなさんって、
今までのグロックとかでも、
親指で押しちゃったりなんか
していなかったですか?

スライドストップレバーに干渉しないように、
親指の位置を気にしながら撃つのは今のところまだまだストレスで、
もしもこの銃に命を預けるとしたら、
こりゃ〜けっこう意識しながら練習しないといけないなぁ
と、思ってしまいました。


Gen5のGlock19も、あと、
SIG P320のRXコンパクトとかも、
今のところ持ち歩く予定がないので、まだ
本気で考え(て練習する気になっ)ていませんが、
まぁそのうちなるかもしれません。

「慣れ」って
いろんな意味で、
良かったりそうで
なかったりですよね〜

Gen5のグロック19(グロック17も)、
グアムで撃てます。

空撃ちで気持ち良く
実射では気分が良い
新型新品グロック19 ジェネレーション5。

新しいのが好きな方は、
お早めにどうぞ。

グアム de グロック 第5世代 CQBグアム
Glock 17 Gen. 5
https://www.cqbguam.net/glock-g17-gen5/
Glock 19 Gen. 5
https://www.cqbguam.net/glock-g19-gen5/

  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)Glock

2017年11月22日

DeWALTの電動ドリル買ったぉ〜

何の気なしにホームデポのホームページをブラウズしていたら、、、

お〜!


売ってる〜!

入荷してる〜!

ヤタ〜!

安全運転でGo〜!


おぉ〜!

あった〜!


これこれ〜!

買ってきました〜!


ついでに
余計なモノも
ついでに少々購入、、、

箱開けて〜

中身出して〜


充電して〜


ドレメルではムリだった太いビットも、
超〜余裕で噛んでくれました。


おっしゃ〜!

流石〜!
知らなかった〜
すご〜い!
センス良いですね〜
そうなんだ〜

できる女のさしすせそ

  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)Goods