2017年10月14日

グロックのトリガープルを測ってみたぉ〜


Lymanの
Electronic Digital Trigger Pull Guageが
届きました。


Lyman、
リーマンじゃないです。
ライマンです。

ライマンの
電子デジタルトリガープルゲージです。


ZEVのトリガーキットをインストールしたら、


やたらトリガープルが軽くなったな〜と思ったらもう
数値で確認したくてしょうがなくなっちゃって、
気になって気になって仕方がないので買っちゃいました。


まぁひとつあれば、
今後も何かと便利カナと。

で、

グロック34の
トリガープルですが、
3lb(3パウンド=1.36kg)くらいでした。


軽る〜!

もともと競技用として
位置づけられているからか、
グロック34のトリガープル(の重さ)は
グロック17などの5.5lb(5lb 8oz)に対し、
4.5lb(4lb 8oz)と軽めなのよね。

4.5lbが3lbってことは、
今までの2/3の重さで引ける
ってことだから、
なるほど〜
そりゃ〜
軽いはずだよね〜

マッチ用としては良いとしても、
タクティカルハンドガンとしては
数字だけ見るとちょっと軽すぎかも。

っと、
一瞬思ったのですが、

レットオフのタイミングが
ノーマルに比べると奥になるので、

「撃つよ撃つよ撃つよ〜」

って思いながら
トリガーを引き続けて初めて
ストライカーが落ちるため、
タクティカルハンドガンとしても
3lbでもOKカナと、、、
(実際には「うつよ〜」で落ちます)

そのあとの引き代も少ないし、
2発目以降のリセットも短いし、
強烈に緊張した状況で撃つ予定もないので、
これはまぁこれでヨシということで。

17から34に換えて
初めて撃った時のような、
イメージよりも早く弾が飛んでっちゃった
みたいなことにはなりにくいと思います。

緊張下で、
軽すぎるトリガーは危ない
と言う人がいますが、実際には
重くても引いちゃい(引けちゃい)ます。

それよりも、
重いトリガーは、

適当に撃ち込んで
そろそろフリンチが始まったカナ?

という人には
とっても酷です。

人差し指にチカラを入れても、
なかなかハンマーが落ちないとか
ストライカーが落ちない状況って、
本人は閾下でビビりまくっていますので、
もう全然、的になんか中りませんから(笑)。

中には自分がそんな状態なのに、
思ったところに弾が飛んでいかない銃に対して
やれサイトが合っていないとか
イヤ暴発したとか
したり顔で言ってくる人がいます。

イエイエイエイエ、

銃は正常なんです。

暴発なんかしません。

狙ったところに
弾が飛んでいくように
できていますから〜

引きやすいトリガーとか
フリンチしやすいトリガーとか、
確かにあります。

グロックのノーマルトリガーなんて、
フリンチしやすいトリガーだと思います。

とはいえ、

結局は、

どんなトリガーでも

きれいに引ければ
重さは(それほど)関係ない。

ってことです。

あ、あと、
ついでにもうひとつだけ。

いくら狙って撃とうとしても、
ハンマーやストライカーが落ちた時に
チェンバーと銃口と的が一直線になっていないと
中らない。

ってことです。

銃が中らないと思った時には
いつでもその旨お申し付けください。

中ててご覧にいれますので。
































なんちゃって〜

それではここで、
ハズカシイ映像を
お楽しみください。



ついでに
スプリングフィールドアーモリーの
1911のトリガープルも測ってみました。


3lb 6oz(3.375lb=1.53kg)

数字ではハーフパウンドほど重いけど、
レットオフ(=ハンマーが落ちる時)のキレが良いので、
トリガーフィーリングはこちらの方がスッキリしています。

フリンチしにくいトリガープルです。
(それでもしてしまうのですが、、、(汗))

横着してクリーニングしていないので、
ハンマーとシアの接触面をキレイにしたら、
ザラツキ感もなくなりもっとクリアに引けるはず。

キレイにしたら
また測ってみますね〜

で、

リーマンと言えば、

すっごいよっ一体感〜



  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)GlockGoods1911

2017年02月02日

確実に中てて〜 (2017年最初の、グアムの月例シューティングマッチに行ってきました)



確実に中てて、一所懸命走ろう!

って、
前(去年)のブログで書きましたが、


今年は
最初のマッチから
靴を履いてくるのを忘れて
いきなりサンダルです。

イヤマフの電池は切れていて、

「スティールターゲットにヒットした音が聞こえなかったらどうしよう?」

と、もう撃つ前からソワソワ心配です。

今回のマッチは
ハンドガンのみの3ステージ。

最初のステージは、
弾を8発だけ入れたマガジンを3本持って、
3つのシューティングボックスからそれぞれ8発撃ちます。

撃ち直しができませんので、
ジャムったら1発につき5秒加算されます。

各シューティングボックスから狙うターゲットは3つ。
2つはマンターゲットで、ひとつはボディーのみ。

マンターゲットには、
ボディーに2発とヘッドに1発。
ボディーのみのターゲットには、
ボディーに2発。

ボディーはAゾーンに中てなければプラス5秒。
Aゾーン以外はマイク(M)というシビアなルールです。


GSSF Monthly Match 170129 Stage 1 by Isaiah

各マガジンに8発のみ

ということだったので、今回は
スプリングフィールドアーモリーの
1911でエントリーすることにしました。


とはいえ、去年の1月に
マリポサピストルクラブでWCSを撃って以来、
1年以上ほとんど触ってもいません。


100秒切れずに帰宅後号泣(101秒35で終了、、、)
http://takatake.militaryblog.jp/e726481.html


今、過去のブログを
読み返していたら気がついたのですが、
SFAの1911を初めて撃ったのって、
一昨年(2015年)の12月15日頃だったのですね〜


スプリングフィールドアーモリーの1911の火入れ


試合は2016年の1月3日でしたから、
半月でなんとかしようとしていたのですね〜

グロックで100秒を切ったのが12月6日でしたから、
http://takatake.militaryblog.jp/e719413.html
一カ月で両方ともなんとかしようと思っていたのですね〜

我ながら、
欲張りですね〜

ファクトリーアンモを使用するので
リコイルスプリングをノーマルに戻し、
試射もせず、またしてもぶっつけ本番です。

ホルスターは、もうずいぶん前に
買うだけ買ってほったらかしたままだった、
ゴーストのレース用のそれ
http://takatake.militaryblog.jp/e773006.html


このホルスターも、
使うのは今回が初めてです。

比較的慎重に狙って
撃ったつもりでしたが、
24発中3発がAゾーンのラインから
5〜10mmと微(かす)かに外してしまい、
32秒33に15秒が容赦なく加算され、
タイムは47秒33となりました。


GSSF Monthly Match 170129 Stage 1 by Taka

とほほ〜
確実に中てて〜


確実に中てたいものです。

ふたつめは、
「スピードオプション」と名付けられた、
5つのスティールターゲットを撃つステージ。


3回撃った合計タイムを競います。


GSSF Monthly Match 170129 Stage 2 by Doc

一番遠くのオプションターゲットに中てると、
マイナス5秒のボーナスがもらえます。


GSSF Monthly Match 170129 Stage 2 by Bong

念のため、もう一度
レンジバッグのポケットを探してみたら、
イヤマフ用の予備の乾電池が見つかりひと安心。
これで音に反応して身体が動かせそうです。


GSSF Monthly Match 170129 Stage 2 by Isaiah

1回目のストリングで
オプションターゲットを中てきれず、
タイム(6秒20)がそのまま記録に。


GSSF Monthly Match 170129 Stage 2 by Taka

2回目、3回目はどちらも
なんとか中てることができ、
タイムは1秒37と0秒66で
合計8秒23。


とほほ〜
確実に中てて〜



みっつめのステージはテキサススター。
観覧車のように設置された5つのターゲットを撃ちます。


GSSF Monthly Match 170129 Stage 3 by Isaiah

ハンズアップから普通に撃つのではなく、
フライングMのようにボックスを移動してから撃ちます。



GSSF Monthly Match 170129 Stage 3 by Bong

移動があるので
ホルスターのセイフティーをかけ、
シューティングボックスに入ってから
セイフティーを外してドロウすることにしました。

結果、

使ったこともないホルスターで、
ロクに練習もせずアタマで考えただけでドロウしようとすると、
アンタ、こうなりますよ〜バカタレ〜!

という、お手本のような失敗をしました。


シューティングボックスに移動したあと、
セイフティーロックを外さずにドロウしようとしてしまい、
銃が抜けずにそこで初めてはっと気がつき、
思わずホルスターを見ながらロックを解除してドロウするという、
とっても恥ずかしい失敗です。

是非、ご覧ください。


GSSF Monthly Match 170129 Stage 3 by Taka










で、
結果は
2位でした〜

  
Posted by Taka at 12:12Comments(6)Shooting1911GSSF

2016年06月07日

ゴーストのホルスタのその後

先月、
1911用のゴーストのホルスタが届いた
と思ったら、
壊れていたので返品しましたが、
新しいホルスタが届きました。


たけちゃんからもらった
グロック用のそれを参考にしながら
ベルトに取り付けてみたのですが、

何かが違う、、、


と、思ったら、

な、なるほど、、、


ホルスタ本体が取り付けられている
マウントスクリューの位置が違うので、
グロック用の方が(ベルトから)遠くにあるのですねぇ。

って、
この写真では
分かりにくいですね。

で、
やっぱり
サファリランドの
モデル014でしょうかね。

とはいえ、
撃つ時間が作れないので、
とりあえず飾っておきます、、、

  
Posted by Taka at 19:00Comments(3)1911

2016年05月11日

ゴーストのホルスタが届いたぉ

お〜!


ゴーストの
ホルスターが、
届いたぉ〜!


年末にたけちゃんからもらった
グロック用のそれ
が良かったので、
1911用も注文してみました。

お〜!


お?


おぉ?!


壊れてるし、、、

返品しま〜す!  
Posted by Taka at 14:10Comments(5)Goods1911

2016年04月08日

市グロック グアムに上陸

グアムの北部に、
ジーゴというエリアにあります。

マリーンコードライブをもう少し走れば
アンダーソン空軍基地があるという場所に、
グアムで一番大きなガンショップ、
『JTM』があります。

今から3カ月前、
今年の1月の12日に、
マリポサのガンショップから
3挺のハンドガンを送りました


で、

プライオリティーメイルで送ってもらったのですが、、、

半月経っても、

一カ月経っても、

二カ月経っても、

三カ月が経とうとしているというのに、

実は、

銃が届いたという連絡がありません。

「どんな銃?」

「何挺?」

「シリアルナンバーは?」

どれもこれもお知らせしたのですが、
銃が届いたという連絡はありません。

これは良くない、、、

グロック34と
SFA(スプリングフィールドアーモリー)の1911は
また買えるけど、
市グロックだけはシャレにならん。
なくなるなんてあり得ない。

おぉ、、、

これって、
誰にも言えないじゃん!

マリポサのガンショップに
もう一度確認してもらったら、
なんと2月8日には届いていて、
誰かがちゃんとサインして
受け取っているって言うじゃんか。

「どうしよう、たけちゃん」

「行ってみましょう、とりあえず」


「やっぱまだ届いていないですか?」

「何の銃だったっけ?」

「グロックが17と34の2挺と、
 スプリングフィールドアーモリーの1911が1挺です」

「箱、何色だった〜?」

「グロックが黒で、
 1911は何色だったかなぁ〜」

「コレ?」

あ゛、、、


普通に届いているじゃん、3挺とも。


「何にも書類が入っていなかったんだよねぇ」

「へぇ〜、そうだったんですかぁ。
どうもありがとうございました!」

たけちゃ〜ん
 あったって〜」


あって良かったです。
本当に。  
Posted by Taka at 19:11Comments(17)Glock1911Guns

2016年01月06日

101秒35で終了、、、

2016年1月3日(日曜日)、
マリポサピストルクラブでの
月例ウエストコーストスティールに
参加してまいりました。


先月、2015年12月6日の月例会にて
市グロック(グロック 17)で
100秒を切る
ことができて
ホッとしたのもつかの間、
先月の後半から、
スプリングフィールドアーモリーの
1911で撃つ練習を始めました。

半月ほど練習しての試合では、
先月同様100秒切りを目指しましたが、
欲張りすぎて100秒をオーバーしてしまいました

今月の後半はラスベガスのShot Showに行き、
来月の初めにはグアムに向かいます。

6月にはパイルーのISIレンジで
WCSのチャンピオンシップがありますが、
今年は
たけちゃんゆいちゃんと一緒に、
グアムのローカルマッチに
エントリーしているだろうと思います。

というワケで、
マリポサピストルクラブの試合には、
しばらく参加できないかもしれません。

去年(2015年)の6月、
グアムからマリポサ修行に参り早7カ月。

天才コーチの市郎さんから、
ガンハンドリングや
シューティングはもちろんのこと、
上手くなるための練習の仕方や
そのための考え方、
銃の手入れ方法やセッティング、
リローディングマシンの使い方、
さらに、
セルフディフェンスやタクティカルライフ、
CCWテクニックなどを指導していただきました。

射撃に関することだけではなく、
自己管理や時間の使い方、美意識、世界観、
普段の人との接し方、公共の場での危機管理、
彼の人となりを間近で見ながら、
これからの自分の生き方にも参考になるような、
良いことばかりをたくさんたくさん教えてもらいました。

天才シューターのミッキーさんから
シューティングのセンスをアドバイスしてもらいました。

NRA公認インストラクターのニックさんから
タクティカルガンハンドリングテクニックや
タクティカルシューティングを教えてもらいました。

マリポサピストルクラブのメンバーの皆さんにも
とっても優しくしてもらいました。

もう本当に
あっという間の7カ月でした。

主にハンドガンによる
スピードシューティングを、
マンツーマンで徹底的に学びました。

たまに速く撃てるようになったものの、
100回通しで撃てるような安定感がありません。

速く撃てるけど、
まだまだ上手く撃てません。

市郎さんのブログで、
ラストステージとなった
『Good, Bad and Ugly』の模様が紹介されています。


一緒に撃った、


てっちゃんと


りょうちゃんの
ステージの動画もアップしました。

てっちゃん



りょうちゃん



市郎さん



Taka



結果 (Mariposa Pistol Club West Coarst Steel 2016年1月3日)


マッチが終わった次の日、
市郎さんから、

「次の練習から、
 フェイズ2にいく」

と、言われました。

アラ?! まだあるのね?  
Posted by Taka at 19:11Comments(8)WCS1911

2015年12月29日

1911をストレートトリガーにしてみました

市グロック(グロック17)から1911に銃を代えて、
ウエストコーストスティールの練習をしています。

穴の空いていないトリガーを見つけていたら、
『10-8 Performance LLC』というメイカーが、
フラットトリガー(ストレートトリガー)を作っていました。

「(トリガーを)ゆっくり引く時にはラウンドが、
速く引く時にはストレートのトリガーが良いかなぁ」

たけちゃんの言うとおりに、
早速オーダーして取り付けてみました。



お〜!









こちらがそのトリガーです。


良い気分転換になりました。

明日、このトリガーで撃ってみますね。  
Posted by Taka at 19:11Comments(7)1911

2015年12月17日

スプリングフィールドアーモリー 1911の火入れ

スプリングフィールドアーモリーの1911ですが、
手に入れてから一カ月が過ぎてしまいました。

実は、
一発も撃たないうちに、
ウエストコーストスティール用に
カスタマイズしてしまいました。

とりあえず
的を狙って撃ってみましょうということで、
ストレートスティールを撃ってみました。


Video by 石井健夫



当たる〜!


スプリングフィールドアーモリーの1911の火入れ  
Posted by Taka at 18:00Comments(0)1911

2015年12月16日

スプリングフィールドアーモリーの1911をカスタマイズしてみました

今月も
あっという間に
半分が過ぎてしまいました。

あと半月もしたら、
2015年も終わり。

は、早いっすねぇ、、、

スプリングフィールドアーモリーの1911を、
たけちゃんにカスタマイズしてもらいました。



あらかじめ注文しておいたパーツは、以下の通りです。

Wolffのリコイルスプリング (7 lb)
Smith & Alexanderのマグウェル
AlumaGripsの特注アルミグリップ

その他にも、
ハンマースプリング、
シアスプリング、
マガジンキャッチスプリングを、
それぞれ調節しながら組み込んでもらいました。

で、

できたのがコレです。

じゃ〜ん!


ひゅ〜ひゅ〜!


つ、冷べたい、、、


たけちゃんのガンスミス 1911編  
Posted by Taka at 18:00Comments(5)1911

2015年12月01日

スプリングフィールドアーモリーの1911

スプリングフィールドアーモリーの1911を、
マリポサのガンショップに受け取りに行ってきてから、
早いもので半月以上が経ってしまいました。


11月は、なんだかんだと外出することが多く、
せっかく受け取ってきたのにまだ一発も撃っていません。

せめて写真だけでもと、
駆け足で撮りましたので、
どうぞご覧ください。

とりあえず第一印象は、、、

カッコイイですねぇ〜


















アメリカも12月になりました。
今年、2015年もあと一カ月。

いろいろありますけど、
来年も良い年にしましょう。  
Posted by Taka at 17:40Comments(5)1911