2018年09月24日

タクレットLにしてみたぉ

タクレットの
ストラップの金具が
壊れてしまいました。

タクレットの
ストラップの留め金は
金属製ですが、きっと
プラスティック製の方が
良いと思います。

なので、
これを機に、YKKの
プラスティックのナスカンに
取り替えることにしました。

グアム島内にも
あるかもしれませんが、
日本に行った時に
楽天で買います。

で、

新しい
ナスカンが
手に入るまでの間、
せっかくなので、
去年のお正月から手に
入れたままになっていた、
タクレットLを
使ってみることに。

最近グアムは治安が
今までと違ってきたので、
持ち歩くことにしました。

タクレットLなら、
グロック34も楽勝です。

スペアマガジンも〜

と、思い、

でもどうせならと、

イザという時には
より速く
交換できるように〜

なんちゃって、
バッグの両側に
マグパウチを付けて、
マガジンを差してみました。


っと、

ここで疑問が、、、

銃はタクレットLの中だけど、
替えマガジンが外ってどうよ?

横着して
自分で調べずに
人に聞いちゃいました。

Facebook内には
様々なコミュニティーがあり、
銃に関するグループも
たくさんあります。

僕は今、
有料、無料含めて70以上の
コミュニティーに参加していますが、
そのうち50以上は
銃に関するグループです。

1万8千人が参加しているあるグループと、
3万4千人が参加しているあるグループの、
2つのグループに聞いてみました。

大丈夫だと言う人、
ダメダメと言う人、
親切に考えてくれる人、
州によって違うからね〜と言う人、
自分で調べろと励ましてくれる人、

隠し持つならひたすら
シンプルにするべしと言う人、

バッグはヤバイから身に付けろと
強くすすめてくれる人、

どうして銃はバッグの中なのに
マガジンは外なんだ? と分からない人、

ひたすら首を横に振りながら呆れる人、
僕を香具師と決めつけてくる人、
アンクルホルスタにしなよと言う人、

合法だけど
アンチの目に留まったら
ここぞとばかりに大騒ぎする
格好のネタにされるだろうから
ここは賢くしまっておこうぜと言う人、

フロリダはOK〜
イリノイはダメ〜

いろんな人から
アドバイスしてもらいました。

で、

今はスペアマガジンも
タクレットLの中に入れています。

マガジン1本に17発。

本体に差してあるマガジンを
含めて計3本、51発になります。

アラ?
52発じゃないの?
チェンバーにも
1発入れておかないの?

って?

ハハハハハハ、、、(汗)

中途半端な
カクゴなので、まだ
コンディション3です。

やはり、
コンディション1の状態で
アペンディクスホルスターに
入れて携行しないと、
イザという時に役に立たない
可能性が高いと思います。

とはいえ、
まだ自分の気持ちが
現実に直面するのが怖いゾーン
でウロウロしているので、
そこまでの
マインドセットが
できていません。

はっきり言って、、、

怖いです。

でも、

心強いです。

どっちなんだよ?

どっちもです。

そして、
何より、、、

重いです。

そこで気になるのが、

Springfield ArmoryのXD-S Mod.2


グリップセイフティーも付いていて、
落としても大丈夫そうだし、
携行するには
軽くてコンパクトで
良さそうだね〜


XD-S Mod.2 9mm - Springfield Armory - Checking All The Boxes | 4K
https://www.youtube.com/watch?v=_6_65mPpE24


DROP SAFETY FEATURES ANIMATION
https://player.vimeo.com/video/280655366

Facebook内の、僕の
ページは以下の通りです。
https://www.facebook.com/takasoyama

CQBGuamのPageはこちらです。
https://www.facebook.com/CQBGuam/

最近、CQBグアム
女性のお客さまからの
お申し込みが増えています。


実は、随分前から
いろんなことを模索しながら
試行錯誤しています。

その効果が
顕れてきたのだとしたら、
とっても嬉しいです。

見た目の安さよりも、
コースの内容と質の高さで
しっかり選んでくださる

最高のお客さまに
恵まれ、
CQBグアムは
本当に幸せです。


CQBグアムが最も
大切にしていることは、
お客さまの安全と
クオリティ−です。


応援してくださる皆さん、
いつもどうもありがとうございます!
  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)Glock

2018年09月12日

屋外射撃ツアーの最高峰 グアムの野外射撃場で本格的なスポーツシューティングを

日本全国の実銃ファンの皆さま
まことに申し訳ありませんでした。

TAKAの『俺の鉄板撃ち』は、
お客さまの要望を無視した
独りよがりの中級編でした。


本物の銃を
触ってみたい。

本物の銃を
操作してみたい。

本物の銃で
映画のワンシーンのように
撃ってみたい。


上手く撃つ?!

イエイエイエイエ!

誰が〜?

何で〜?!

何のために〜?!?


考えても
みてください Takaさん!

いいですか?

初めての
実銃ですよ?

日本では絶対に
撃つことができない、
本物の銃での
実弾射撃なんですよ?

的に中てようとか、
上手く撃とうとかなんて、
最初から思っていませんから!

だいたい、そんなこと
考えたこともありませんから。

本物の銃が
撃てるってだけで、
もうそれだけで
超テンション上がってますから。

楽しく撃たせてもらえれば
それで十分なんで。

速く撃つとか、
正確に撃つとか、
的確に撃つとか、
そんなに上手くなって
どうするんですか?


Takaさんの
『俺の鉄板撃ち』
ですけど、
今年の春に
スタートして、
Takaさんの
鉄板を撃ちに、
一体何人の人が
グアムに来ました?

スティーブさんの
CQBトレーニングの方が、
圧倒的に多いですよね?

日本からいらっしゃる
グアムへの来島者数は
年々減っているのに、
CQBグアムへの参加者は
毎年増えています。

参加者の人数こそが、
Takaさんの独りよがりを
如実に証明していませんか?

スティーブさんのように、
アツい情熱を持って一所懸命
お客さまと向き合っています?

Takaさんのそれって、
本当にお客さまが望んでいる
実弾射撃なんですか?!?


ハイ!
その通りです。

あなたの言うとおりです。

僕は勝手に
良かれと思って
日本からほど近いグアムで、
スピードシューティング
ツアーを始めました。

よくよく考えてみたら、
「良かれ」と思ったのは、
自分に良かれと思ったから
だったのです。

単に僕自身が、グアムで
スピードシューティングを
やりたかったから
という理由で、
実弾射撃ツアーを
始めたのです。

大切な
CQBグアムの
ファンの皆さんの
気持ちを無視して、
実弾射撃の
楽しさや醍醐味を、
苦しく難しいものに
しようとしていたのです。

まぁまぁTakaさん、
なんとまぁあなたは
悪党なんでしょう!

スピードシューティングの醍醐味

とか言っていますが、

じゃあ
あなたは
どれだけの
シューターなのですか?

YouTubeで
Takaさんのランダバ
(ラウンドアバウト)の
動画を観ました。

スティールチャレンジの
ラウンドアバウトをグロック34で撃つ


https://www.youtube.com/watch?v=h02OCVtRSA8

Takaさ〜ん! 上の動画、
自分で観たことあります?
自分で最後まで観られます?
恥ずかしくありませんかぁ?

プロのシューターのスティルチャ、
観たことあります?

鮫島君の
ラウンドアバウト解説


https://www.youtube.com/watch?v=PYYH5NMLmro

スゴイ! 的確! 完璧!

マック堺君の
スティールチャレンジ 2017


https://www.youtube.com/watch?v=y7AtPi2hgG8

スゴ〜イ! 速〜い! 上手〜い!

どうせせっかく習うんだったら、
世界チャンピオンのマック堺さんや、
超超超超〜早撃ちの鮫島さんから、
習いたいと思いますよね誰だって!

それにひきかえ、
Takaさんってもう
超中途半端すぎません?

確かに〜!
僕もそう思います。

中途半端です。

彼らと比べたら、
僕なんてまだまだ
経験も撃つ量も
圧倒的に少なすぎます。

なので、
皆さんに教えるというよりも、
皆さんと一緒に
実銃で安全に練習して、
少しでも上手くなりませんか?
というくらいの気持ちでいます。

スピードシューティングと
謳ってはいますが、実際には
敷居ヒクヒク(低低)です。

普段から
エアガンで慣らしている、
皆さんの方が
上手かもしれません。

あのマック堺を負かした
と言ったらそりゃ〜もう
孫の代まで自慢できますが、
Takaさんに勝ったと言っても
え? なにそれ? だれ?
ってなもんです。

う〜む、、、

はてさて
どうしたものか、、、

中途半端なくせに、
大切なCQBグアムの
ファンの皆さんの
気持ちを無視して、
実弾射撃の楽しさや醍醐味を、
苦しく難しいものにしていたのが
Takaさんだったんです。

中途半端なTakaさんが、
実銃が好きな人にどうしたら
喜んでもらえるのだろう?

もしかして? 僕はどこかで
スポーツシューティングとは
厳しく難しいものだと
決めつけていたのではいないか?

だからその気持ちが、
自分でも気がつかないうちに、
スピード射撃ツアーのそれを
苦しく難しいものにして
しまっていたのではないか?

その厳しく苦しく難しい
という自覚のない想念が、
ホームページ上の字面から
にじみ出ているのではないか?

だとしたら?!?

そりゃ〜誰だって
近づきたくないっすよね?!

あちゃ〜
だめだこりゃ〜

ホームページ、作り直し?
え゛〜面倒く゛さ゛〜い゛

そうだ! 何か
楽しいコースを考えよう。
なんかないかな〜

そういえば、自分は
どうだったっけな〜

初めて自分が
実弾射撃を体験した時のことを
思い出してみました。

確か19歳、とか
だったと思います。

大学生でした。
グアムでした。

初めて撃った実銃は、
コルトガバメントの
マークIV(多分)でした。
.45口径でした。


その時の
自分といったら、

銃口を前に向けて
実弾が発射されている
だけでもう大興奮〜!

といった感じでした。

上手く撃とうとか、
使いこなしてやろうとかなんて、
まったく
これっぽっちも
思いませんでした。

そんなの
二の次三の次で、
まずは本物の銃が
撃てたというだけで
感動感動感動でした。

上手くなろうとかって、
次の次の次くらいなんだね。

ってことは、、、

やはり、

「楽しく撃てる」

ための工夫だね。

実銃を撃つだけで楽しい。
的に中らなくても楽しい。
ぜんぜん恥ずかしくない。

スティールターゲットだけの
タクティカルシューティング

とか?

急がなくて良いから、
一撃必殺で確実に中てていく

みたいな。


中級編
https://www.shootinguam.com/course-menu.html
値段も高くて難しそうだけど、

初級編
https://www.shootinguam.com/steel-plate-challenge.html
お手頃価格で自由度MAXなので、
スティールプレートを
タクティカルステージのように
アレンジするなどして、
いろんな撃ち方を
楽しんでみてください。

ダブルタップや
コントロールペア、
移動しながらの連射、
ストロングハンドまたは
サポートハンドオンリーでの片手撃ち、
スピードリロードや
タクティカルリロードなど、
スポーツシューティングより
さらに実践的な
タクティカルシューティングの
コーディネートは、
CQBグアムの得意とするところです。

弾の続く限り、
思う存分お楽しみください。

あとね、

ここだけの
ハナシなんだけど、、、

CQBグアム
https://www.cqbguam.net/
ホームページから予約したら、
どのコースを申し込んでも
大丈夫なので、

ここからがホントに
ナイショなんだけど、、、

現地で実際に
本物の銃を撃つ時、
コーディネーターの
スティーブさんに、

「アノ、、、て、て、て、鉄板、
撃ってみたいんですけど、、、」

って、
お願いして
みてください。

ライフルや
マグナム弾以外でしたら、
大概のハンドガンで撃てます。

一発で良いから
本物の銃で鉄板を撃って、
「カイ〜ン!」と
命中させてみてください。

是非是非、是非とも
快音のヴァイヴを体感して、
グアムのお土産にしてください。

僕は
皆さんが
CQBトレーニング
している間に、
入門編とか
道楽編とか、
なんか楽しそうなの
考えてみますね。

Keep Shooting!


屋外射撃ツアーの最高峰
グアムの野外射撃場で本格的な
スポーツシューティングを

https://www.shootinguam.com/  

2018年05月10日

SIGのP229 LegionにSAOが出たぉ

お〜!

そうでしたか〜


P229のSAOですか〜

いいっすね〜

Glock Gen.5の19か、
SIG P320のX-Carryか、
SIG P226 LegionのRXか、

それとも、
SIG P320 RXのコンパクトを買って、
X-Fiveのフラットなトリガーに交換して
フレームモジュールをX-Carryのそれにして
グリップをコンパクトと同じ程度の長さに切るか、

な〜んて妄想していたのですが、先週の
2018年5月4日に発表されたのがこれです。


僕は
手も小さく
身長も低いので
これは良さそうです。

お、先週末まで
ダラスで開催されていた
NRAのアニュアルミーティングで、
SIGのフィルさんが紹介しています。


SIG Sauer P229 Legion Compact SAO Pistol
https://youtu.be/tA-Lk2J8TbM


え?

アペンディクスホルスターに
シングルアクションオンリーのハンドガンを
コンディション1で入れて携行できますか?

って?!

そんなの知るけ〜
だってカッコいいんだも〜ん!

なんかもう
どうでも良くない?

イヤ、
良くないなぁ〜

だったら
2011が良いよね〜

でもそうすると、
デカくなっちゃうよね〜

そっか〜
タクレットに
入れれば良いのか!

だったら
P229のSAOでも
良くないか?!

ん?

コスタキャリーコンプはどうだろう?


STI 2011 Costa Carry Comp
https://youtu.be/vQp8egrbwdw

え゛〜?
$3,800.00!?!

妄想は、
続きます。  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)GunsSIG SAUER

2018年05月04日

スモークアンドホープを撃ってみたぉ

スティールチャレンジのステージのひとつ、
スモークアンドホープを撃ってみました。


ステージはこんな感じ。


で、

見るとこんな感じで、


撃つとこんな感じです。


https://youtu.be/qWHx5wBOU-0

バドグリップ(Bad Grip)しちゃうと
ありゃありゃ撃ちづらそうだね〜

ってな絵が撮れました。






でもなぜかタイムは一番
良かったりなんかして、、、(汗)  
Posted by Taka at 08:08Comments(6)ShootingGlockSteel Challenge

2018年04月29日

ペンデュラムを撃ってみたぉ

スティールチャレンジのステージのひとつ、
ペンデュラムを撃ってみました。


ステージはこんな感じ。


で、

見るとこんな感じで、


撃つとこんな感じです。


https://youtu.be/gg9ml5b89uI

アセると
ぜんぜん
中りません(汗)。

落ち着きないね〜
弾、バラ撒いてます。  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)GlockSteel Challenge

2018年04月21日

ラウンドアバウトを撃ってみたぉ

スティールチャレンジのステージのひとつ、
ラウンドアバウトを撃ってみました。


ステージはこんな感じです。


で、

見るとこんな感じで、


撃つとこんな感じ〜


https://youtu.be/h02OCVtRSA8

最初のストリングから
小平っぽかったけど、
3回目にはとうとう
ガマンしきれずに
イっちゃいました。

撃つ前には
ターゲットを
撃つ順番とか
語っていたのに、
撃ち始めたら
もうぜんぜん
とんちんかんな
撃ち方でしたね〜

一年振りに撃ったから、
緊張していたんですかね〜

あと、
撃つ前に
サイトピクチャーを確認するのは、
マガジンを入れておくのは良いとして、
弾(カートリッジ)をチェンバーに
装填する前の方が安心だね〜  
Posted by Taka at 08:08Comments(4)ShootingGlockSteel Challenge

2018年04月09日

グアムで『俺の鉄板撃ち』始めました


グアムで
スティールプレートが
撃てるコースを新設しました。

実銃で
鉄板撃ちに
挑戦できますよ〜

スティールチャレンジや
ウエストコーストスティールといった、
スピードシューティングのステージをベースに、
グアムでスティールプレートシューティングが
できるようになりました。

銃の基本操作や安全管理、
実弾射撃のテクニックを学びながら、
スポーツシューティングの醍醐味を
楽しんでくださいね〜


1日3名までの少人数制。

シューターの皆さん
ひとりひとりのレベルに合わせて、
安全第一で撃ちまくります。

Takaが目の前で撃ってご覧に入れますので、
一緒に練習しているようにトレーニングできます。

コース終了時には、実際の
シューティングマッチに参加できる
作法を身につけることを目指して、
一緒にがんばりましょう。


射撃、一緒に上手になりましょう!

「っていうか、これホントに私?
今、15ヤードから、ガンガン
ヘッドショット撃ってるんだけど」


「こんな過激なコース、
本当に大丈夫なんですか?!」


「朦朧としながらも、
とにかく集中して撃ちました」


高温多湿、
灼熱のグアム* で、
気が遠くなりそうになるほど、
撃ちまくっていただきます。

加減知らずで
ごめんなさい。


グアムで本格的なスポーツ射撃を
グアムスティールプレートチャレンジ

https://www.shootinguam.com/

* それが最近は
そうでもないんだよね〜
ハワイみたいに結構過ごしやすいよ〜  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)ShootingWCSGoGuamSteel Challenge

2018年04月08日

G19にするか、P320にするか、それとも、、、

Gen.5のグロック19にするか、
SIG P320のX-Carryにするか、
それとも、、、

SIG SAUERのP226 SAOに、
ROMEO1というダットサイトが載った
P226 Legion SAO RXというモデルが
出たんだけど、


「持ち歩くなら
 やっぱコレだよね〜
 Legionサイコ〜!」


な〜んて
気楽に考えていたんです。



ね〜カッコイイでしょ〜?


でも、先日、
試しにちょっとだけ
持ち歩いてみただけで、

シングルアクションの
オートマティックピストルを、
コックアンドロックで
ホルスタに入れておくなんざ、

緊張感ハンパないんだろうな〜

と、
超リアルにイメージ
できるようになりました。

コワイよ〜

あ〜〜〜
そういえば、、、

市郎さんのもとで
射撃の特訓を受けた時、

市郎さん、最初に僕に
XDをすすめてくれてたよなぁ〜

「グロックが撃ちたいで〜す!」

って、
XDじゃなくてグロックで
撃ち始めちゃったんだよな〜

スプリングフィールドアーモリーのXDって、
松葉崩しみたいなトリガーの、
あれだよなぁ〜


そっかぁ〜
グリップセイフティって、
なるほど、安心なんだね〜


チェンバーに弾が入っているかが
ひと目で分かるインディケーターだって、
リアサイトのすぐ下(スライドの後ろ)にあったら、
目で見ても指の腹で触ってもすぐ分かるし、


グリップアングルも
1911っぽくてナチュラルだし、
今頃になって撃ってみたくなりました。


トリガーセイフティーのみって、
いくら内部に構造上のマルチセイフティー
メカニズムが組み込まれているとは言え、
引き金を引くだけで弾が発射される
グロックやP320って、実は
エッジな銃なんだね〜


特にP320なんて、
コッキングされていても
されていなくても、
トリガーの位置、
一緒じゃね?

松葉くずしも
付いてないし、、、



XDもグロックもP320も、
どれも安全なんだろうけど、
安心感にそれぞれ個性があるんだね〜


コンディション1で持ち歩くか?
コンディション3で持ち歩くか?

「コンディション1で持ち歩かないと意味がない」

という先輩方もたくさんいるし、
コンディション3で持ち歩いていた人の
失敗例をいろいろ見てしまうと、

「確かに意味ないかも〜」

とか思っちゃうし、、、

そういえば、

「普段はコンディション3で持ち歩いていて、
状況によってコンディション1にしたらどうですか?」


というアドバイスを、
たけちゃんがしてくれたなぁ〜

しばらく
コンディション3で慣れてから、
コンディション1にするか〜

とはいえ、

Gun is always loaded.

銃には常に弾が入って
いつでも発射できる状態にある
ものとして取り扱うこと。

の原則に基づいて考えれば、どうせ
銃はいつもコンディション1の状態にある
ものとして操作するわけだから、

だったら弾、
ちゃんと最初から
チェンバーに入れとけよ〜

ってことになるよね〜

あ〜面白いな〜

アタマ
冷やして
再考しま〜す。

追伸:
ちなみに、コンディション4から
25ヤード先のターゲットを撃つ練習を、
タクティカルシューティングの
トレーニングでやると、
こんな感じ〜

A post shared by Isaiah (@cristobalconcepts) on

  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)GlockGunsP320SIG SAUER

2018年04月07日

ジャパンスティールチャレンジをフルコース撃とう!

JSC、ジャパンスティールチャレンジの練習が、
八王子の『イージーシューティング』という射撃場で、
毎週土曜日と日曜日に開催されているそうです。


ここのシューティングレンジですが、友だちの
カズヤんという男がレンジマスターをしています。
(あ、レンジマスターで合ってる?)

ステージの写真を
見せてもらったんだけど、

すご〜い!


広〜い!


カッコイイ〜!

今年のジャパンスティールチャレンジは、
2018年8月26日に開催されるそうです。

こんなに充実した
レンジで練習できるなんて、
東京ってすごいんだね〜

●ジャパンスティールチャレンジ練習会場利用可能日

4月08日(日曜日) 12:00〜18:00
4月14日(土曜日) 13:00〜19:00
4月21日(土曜日) 13:00〜19:00
4月22日(日曜日) 13:00〜19:00
4月28日(土曜日) 13:00〜19:00
4月30日(月曜日) 13:00〜19:00

JSC練習会場@EasySHOOOOOTING! 利用料金
1時間 1,000円(税込)

4月8日(日曜日)は、
本戦形式の記録会があるそうです。
12:00〜13:00 準備&試射
13:00〜14:00 記録会
14:00〜17:00 フリー練習
17:00〜18:00 記録会
18:00〜18:30 撤収
参加費用: 3,000円(税込)

無料駐車場完備なので、
クルマでも行けちゃいます。

詳細は、
ホームページや
電話で確認してね〜

EasySHOOOOOTING!
http://easyshoooooting.militaryblog.jp/e916310.html

営業時間
平日: 15:00〜23:00
土日祝: 12:00〜24:00
※ 翌日が休日の日は24:00まで営業。
※ 受付は30分前まで。

住所: 郵便番号 192-0012
東京都八王子市左入町791-6
ガーデン八王子インター店2階

電話番号: (042) 696-3941

FacebookのPageはこちら。
https://www.facebook.com/EasySHOOOOOTING/

行き方はこちらからどうぞ。
http://easy.kowlooncity0801.com/access.html

JAPAN STEEL CHALLENGE
http://japansteelchallenge.net/  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)ShootingSteel Challenge

2018年04月07日

取れたぉ〜

「タカヒロサ〜ン
 侍す居ず關島ぽ栗鼠deパるトメント
 結愛アプリケ○ション伊豆アップル葡萄ゥ〜」

慧風美意愛の
身辺調査が完了し、
私意思惟だぶYOUの
免許が取れました〜

変わってる変わってる〜
なに考えているのか分かんな〜い〜
ふかわりょうみたいでキ〜モ〜イ〜
ハッキングされそうでコ〜ワ〜イ〜
高田純次みたいでテ〜キ〜ト〜ウ〜

どれも
名誉なラベリング
で(気に入ってま)すが、
この度ここにあらためて、
タカさんが善良な市民である
ことが証明されました。

とはいえ、、、

なんかね〜
島内では軽々しく
言っちゃダメダメな
雰囲気なので念のため〜

ほら〜
一応ね〜
どこでだれが
ぐーぐるぐるぐる
トラ○ス○〜トして
読むか分からないので。

ニッポンの皆さんには
ご報告まで。

他言無用で
お願いしま〜す。

で、
今日(2018年4月6日金曜日)、
早速、持ち歩いてみました〜


4月8日の日曜日に
フルマラソンがあるので、
ゼッケンとTシャツを受け取りに
某エキスポ会場まで行ってきました。


G19のマガジン2本に15発ずつ入れて、
多門の界隈を6kmほど歩きました。


はっきり言って、
ぜんぜん落ち着かなかったです。

行き交う人の眼が気になるので、
すれ違う人には普段よりもガン見がちに
(相手の目線を自分の顔に向かせたいので)
挨拶しちゃうし、ツーリスト向けの
屋内射撃場の呼び込みの兄ちゃんに
「射撃シマセンカ〜」って言われて
「大丈夫、持ってるから〜」って
言っちゃうし(言わないってば)、
誰よりも自分が一番緊張しているし、
バレないようにおなか引っ込めながら
歩かないといけないし(ハイ、痩せます)。


やっぱシャレになりませんね〜

中途半端な気持ちでは、決して
持ち歩いちゃイケマセンね〜

帰ってきて思ったんだけど、
G19用のマガジンは銃に入れておく1本にして、
予備マガジンはG17用のそれが良いね。

リロードしやすいし、
弾も2発多く(17発)入るもんね。

19のマガジン、
6本も買っちゃったんです。

G19がダブルフィードした時とか、
たとえマグウェルが付いていたとしても、
G17のマガジンだったら抜きやすいだろうし、
あぁ〜17のマガジンを買い足せば良かったな〜

で、


アペンディックスホルスタですが、

ホテルのトイレで
初めて気がついたんだけど、
銃口の真下にアレがあるので、
はっきり言って、
「コレ、ムリ〜」
だと思いました。


横に吊るか、せめて
コンディション3にして
収めておくかじゃないと、
おへその前に入れるのは
や〜っぱち〜ょっとね〜  
Posted by Taka at 01:11Comments(4)LifeGlockGuns