2018年01月22日

T.REX ARMSのCCW用アペンディクスホルスター

T.REX ARMSの
サイドカーという
ホルスターを注文した

http://takatake.militaryblog.jp/e892247.html


ものの、

普段、
ベルトしないし
どうせ短パンだし、
相当気合いを入れないと
これを使ってドロウの練習なんか
しないだろうなぁ〜と思いながら、

やっとカタチになってきたグロックもどきを
思い切りホルスターに収めようとしたら、、、


キエェ〜イ!


中指の付け根を、
ホルスターと
マガジンキャッチボタンで
はさんでしまいました。

左利き用も良く作り込まれているなぁ〜


なんて感心していたのですが、
ハイグリップできるように
トリガーガードの下を削り込んであるため、
このようなことが起きたのですね〜


やっぱり練習が必要ですね〜  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)GoodsGuns

2018年01月06日

撃ってみたぉ〜

撃ってみました!


ジャムしかしませ〜ん(笑)!




やっぱ




Gen.5の
G19を買うか〜

  
Posted by Taka at 19:19Comments(2)GlockGuns

2018年01月01日

作ったぉ〜

新年明けましておめでとうございます。


それでは組み立てちゃいましょう〜


バリを取ったり
トンカントンカンしたりしながら、


とりあえず組み上がりました。


スライドを引っぱってみましたが、


シャコシャコジャロジャロイマニです。


動きそうな予感がしません。


あ、一応、
サイトも付けるか、、、


せっかくだもんね〜


ってなワケで、


こんな感じで、


カタチにはなりました。


いかがでしょう。








ん〜、、、


普通だね〜  
Posted by Taka at 11:11Comments(6)GlockGuns

2017年12月31日

作るぉ〜

うぉおぉおぉおぉ〜

もう大晦日じゃ〜ん


グロックの
パーツで作る
ハンドガンですが、
作るぉ〜!


こちらがオリジナルフレーム。
これを加工して組み立てていきます。

まずは穴開け。
3mmと4mmの穴を、
それぞれ2つと1つ。


オレンジ色の箱が治具です。

開きました〜


フレームは
プラスティックなので
ゆっくりと回転させながら
開けました〜

次に、
メインブロックと
トリガーユニットが収まる部分にある
余計なパーツを取り除きます。


他の人たちの作業の様子をYouTubeで観ると、
ミーリングマシンやヤスリを使っているのですが、
こんなもん平ニッパーでパチパチパッチンダロ? と、
爪切りの要領で切り取ってみました。


切れました〜


で、
ヤスリで仕上げ〜


っと、
思いましたが、


面倒くさいので
カッターナイフで
チョイチョ〜イ〜


リコイルスプリングが収まる部分も、
ニッパーで切って
ペンチでむしり取ってから、
ドレメルでギュ〜ン〜


リコイルスプリングが収まりました。


これでなんとかなるでしょう〜


良いお年をお迎えくださ〜い!  
Posted by Taka at 19:19Comments(2)GlockGuns

2017年10月17日

スウェンソンのカスタムスライドだぉ〜

グロック19のパーツが組み込める
カスタムフレームに合うスライドをと、
いろいろ調べてみました。


グロックの純正スライドって、
単品で買うと結構な値段がします。

見つけようとしていたのは、
スライドの前の部分に
セレーション(溝)が刻んであって、
アイアンサイト用のシンプルなものでした。

グロックのスライドって
ボクシー(Boxy=箱みたい)ですよね?

グロックの34って、
スライドの前の部分が
大きく角(かど)が取られていて、
他のモデルよりもスマートな印象だと思うのですが、
グロックファンの皆さんはいかがですか?


ホルスターにも
出し入れしやすいかも〜

と、

34と似たような顔の
スライドを探してみました。

そして見つけたのが、
スウェンソン(Swenson)の
カスタムスライドです。


このスライド、
グロックの純正スライドの
半額くらいしかしないんです。

オンラインサイトで、
買った人たちのレビューを読むと、
五つ星かひとつ星と両極端でした。

値段の割りに良い(から五つ星〜)

クオリティ悪すぎ(でひとつ星〜)

といった感じです。


実際、スウェンソンの
カスタムスライドよりも、
エージェンシーアームズの
カスタムバレルのほうが
良い値段がします。

ま〜なるようになるでしょ〜

と、

スウェンソンの
カスタムスライドを
買ってみることに。


届いたスライドは、
賞状の筒みたいなのに
入っていました。

前後の斜めに切られたセレーションが、
もう少し太ければもっと良かったのになぁ〜


と、欲が出ましたが、
第一印象は良い感じです。


で、

早速、エージェンシーアームズの
カスタムバレルを入れてみました。


う〜む、、、(笑)  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)GlockGuns

2017年10月16日

エージェンシーアームズのカスタムバレルだぉ〜

エージェンシーアームズ(Agency Arms)と言えば、
カスタムグロックをこしらえている
人気のサードパーティー。

ここ2年くらいで、
ぎゅ〜っと有名に
なった感があります。

ちゃんと確認していないのですが、
彼らを有名にしたのが、
なんちゃらカットというカッティング。

え〜っと、
確か、、、

「アクセラレーターカット」

だったような
気がするのですが、
どなたかグロックに詳しい方、
教えてくださ〜い。

サポートハンドの
親指があたるフレームの部分、
スライドロックがあるあたりに
加工を施したものなのですが、
ノーマルのグロックって、
強度を出す理由からでしょうか、
この部分が厚くなっているんですよね。

ここを内側に削り込んで
ステイプリンしたのが、確か
エージェンシーアームズさんだった
ような気がするんですけど、、、

ぜんぜん違っていたら、
チョットごめんなさいね〜

このアクセラレーターカットですが、
個人的には超〜お気に入りです。

サポートハンドの親指が
フレームの内側に2mmくらい入るだけで、
ホールド感が劇的に良くなります。

ちなみにこの
エージェンシーアームズさんのホームページですが、
アメリカ国外からはアクセスできません。

なんと!
グアムからも
アクセスできません。

プロキシ経由で
いくつか試みましたが、
全然ダメでした。

意匠を無断でコピーしようとする勢力に、
抵抗しているのかもしれませんね〜

マリポサに住んでいた時には
サクサク見られていたのですけどね〜

ま、いいや。

で、

今日は、

エージェンシーアームズさんが作った、
グロック19(Gen 3)用のカスタムマッチバレルを
ご紹介しましょう。


色は確か3色。
金銀黒があります。

銀色のバレルにしてみました。

トリガーを赤に、
マグウェルも赤にしたら、
黒いフレームとスライドに映えるのではないか?


特に
スライドオープンした時に
格好良くなくなくなくな〜い?

と思い、
シルバーにしてみました。

マグウェルですが、
L2Dとうメイカーの
ロープロファイルなそれを
検討中です。

でも
ここ数カ月、
ず〜っと品切れ中です。

このマグウェルを選ぼうと
思っているのには理由があります。

それは実物を入手した時に、
あらためてお話ししますね〜

ZEVのG17用が余ってるでしょ?

って?

G17とG19って、
マグウェルのアングルが
違うんですよね〜

G17はスライドとほぼ平行、
G19はアングルが付いているんです。

手の大きな人でも小指がかかるようにと、
グリップの前の部分を長めにしたのだと思います。

グリップの前の部分を削って
G17のそれと同じアングルにすれば、
G17用のZEVのマグウェルが付くはずですが、
G17タイプのフルサイズのカスタムフレームも手に入れるつもりなので、
それはその時のためにキープしておくことにします(使わないかもしれないケド)。

で、

エージェンシーアームズさんのバレル。

ペンケースみたいな入れ物に、
わざわざうやうやしく入っています。


ファスナーを
くるっと開けると

ジャ〜ン!


こんな感じです。

カッチョイイので
フルート(みぞ)入りにしました。


チェンバー部分の上には、
エージェンシーアームズの
「A」をモチーフにしたロゴが、
手前には「919」と入っています。
(9×19mm パラベラムの919ですね)


右(エジェクションポート)側には


AGENCY

と入っています。


ドロップインタイプのバレルとのことで、
簡単に考えていたのですが、
ちょっとナメていました、、、

  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)GlockGuns

2016年11月03日

SAINTという名の新しいAR-15がSFAから発表〜!

昨日、だったカナ?
スプリングフィールドアーモリーから連絡があり、
アメリカ時間で2016年の11月1日に、
新しいAR-15を発表したそうです。




Saintっていう名前が付いています。




こんな感じです。




SAINTって、
聖人とか聖徒とか
聖者とかっていう意味ですよね?




生きている時に高徳であった人を、
亡くなった後に称える尊称ですよね?

へぇ〜




孤高に生きろ
ってことなんざんしょ〜かね〜?

おやすみなさ〜い。
  
Posted by Taka at 23:03Comments(0)Guns

2016年11月03日

クリスヴェクターとスコーピオン 〜ホンモノだぉ〜

「クリスヴェクターと
 スコーピオンが届きました!」

ジャスティンから連絡があり、
早速、受け取りに行ってまいりました。








「よくありましたね?! 僕もメインランドのガンショップをチェックしていますが、どちらもいつもSold Outばかりですよ」

どちらも口径は9mmで、
こんなカタチをしているのに
両方ともピストル扱いなんですよね〜

予備のマガジンもオーダーしているので、
それらもそのうち届くでしょう。

ちなみのこれら2挺は、
CQBグアムのメンバーの方の銃です。


今から撃つのが楽しみですね。  
Posted by Taka at 18:00Comments(0)Guns

2016年11月03日

ゆいちゃんがP320きゃりーを撃ったよ〜

JBさんのSIG P320きゃりーを、
ゆいちゃんが火入れしましたよ〜

SIG P320 きゃりーだぉ ホンモノ〜
http://takatake.militaryblog.jp/e806234.html

箱から出してうんぬんかんぬんの動画は
彼女の携帯電話で撮ったので、
今、それを待っているところです。

で、

肝心の火入れの様子なのですが、
僕がピザを買いに行っている時に、
モケイパドックさんが写真を撮って
(ブログにアップして)くれました。


どうもありがとうございます!

写真、使わせてくださ〜い!







2016年10月29日 CQBグアムその2 : パドック武器店“謎の裏方STAFF”blog
http://blog.livedoor.jp/paddock_bukiten-urakata/archives/8629527.html

追伸:
ピザですが、
ゆいちゃんから
「美味しいのを〜!」と
リクエストされていたので、
4種類それぞれ全部カスタムオーダーしちゃいました。



良い値段がしたけど、
モケイパドックのみなさんに
「うめぇ〜」って言ってもらえたので
ホッとしました〜(嬉)!


それではみなさん、ごきげんよう〜!

モケイパドック エアガン 市場
http://www.mokei-paddock.net/  
Posted by Taka at 09:03Comments(0)Guns

2016年10月18日

SIG P320 きゃりーだぉ ホンモノ〜

CQBグアムのお客さま(JBさま)が、
SIG P320 きゃりーを買いました〜!


「届きましたよ〜!」

という連絡を受け、
直ちにガンショップへ。


お〜!


やったじゃ〜ん!


SIGのP320ですが、
フルサイズ、きゃりー、コンパクト、
そしてサブコンパクトの4種類があります。


今回、お客さまが選んだのは


「きゃりー」


SIG P320きゃりーはフルグリップのまま、
ピカティニレールの部分とスライドが短め。


マガジン満タン(17+1発!)のまま、
コンパクトな全長。


お客さ〜ん、
流石、通ですね〜


この銃をどんなホルスターに入れて
どんな楽しみ方をされるのでしょう?
(そういえば、ホルスター付いてきます!)


火入れが今から楽しみです。


なんと、この
SIG P320 きゃりー
コーポレートメンバーの銃として、
皆さんもガンガン撃てますよ〜!


撃ってみたい方は、申し込みの際に
遠慮せずにリクエストしてくださいね〜!


SIG SAUER P320 Revolutionizes the Polymer-Frame Service Pistol


で、

どうして
「きゃりー」が
ひらがななのかって?

きゃりーといえば
ぱみゅぱみゅだからです。

俳優のジムキャリーでも
コワイ映画のキャリーでもなく、
きゃりーぱみゅぱみゅだからです。

この曲、最低でも
300回は聞いたかも〜

そんなひまがあったら
ドライファイアを300回やれって?

ふん


にんじゃりばんばん  
Posted by Taka at 18:18Comments(0)Guns