2018年02月26日

ターゲットスタンドが届いたぉ〜

ターゲットスタンドを作ろう!

と思ったんだけど、結局、
売っているスタンドを買いました。


鉄は


重くて


硬かったっす、、、


2X4の
木材を利用した
ベーススタンドです。
支柱も2X4を使います。

H型や+型ではなく、
Y字型というところが気に入りました。

お!


Tポストが立てられそうじゃ〜ん!

こんな感じです。


ベースの部分は撃たないでね〜
  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)Shooting

2018年02月24日

Blade Techのホルスターが届いたぉ〜

スティールプレートシューティングを楽しんでもらうために、
右利き用のホルスターとマガジンパウチをオーダーしました。


ホルスターとマガジンパウチは、
いずれもBlade Techのものにしました。

Gen5のGlock17用、
Gen5のGlock19用、
SIG P320のフルサイズとX-Five用、
同じくSIG P320のコンパクト用、
そして、1911用を買いました。

左利き用は、
僕ので良ければ
使ってください。

Gen3(4)のGlock17用、
Gen3(4)のGlock34用、
あと、1911用があります。

今、上記とは別に、
Gen5のGlock17用、
Gen5のGlock19用、
SIG P320のX-Five用、
同じくSIG P320のX-Carry用を
カスタムオーダー中です。

製作に6〜8週間かかるとのことなので、
届いたらまたあらためて紹介しますね。

腕に自信がある人は、
自分の使い慣れたホルスターを
持ってきてくださいね〜

あ、そうそう、
ベルトも買ったよ〜

26〜32インチを1本
32〜34インチを2本
34〜38インチを1本買いました。

ウエストに自信がある人も、
自分のベルトをお忘れなく〜  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)Shooting

2018年02月22日

High Speed Gearのマガジンパウチが届いたぉ〜

ベルトをオーダーしたので、
マガジンパウチもオーダーしました。


G-Codeと迷いましたが、今回は
High Speed Gearのマガジンパウチにしてみました。

ピストル用ばかりですが、
M4用のそれもオーダーしました。  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)Shooting

2018年02月01日

SIG P320 X-Five Fill-Sizeが届いたぉ〜

SIGのP320の
X-Five Fill-Sizeが
お店に届きました。


おぉ〜


カッチョイイ〜




スライドをシャカシャカさせて
数回ドライファイアしてみましたが、
細身で緑色に光るフロントサイトが
とっても目立ってビックリしました。


SIG P320のX-Fiveには、
ドウソンプレシジョンの
ファイバーオプティックサイトが
標準でのっています。

バックグラウンドチェックにつき、
受け取りは来週になります。


グアムのシューターが利用する
ガンショップと言えばRush Armoryですが、
Gen5のグロックをはじめ、
新しい銃も入荷ちう〜


マグウェルやバレル、
マガジンキャッチなど、
カスタムパーツもありました。
(CCWホルダーのために取り寄せたのカナ)



SIG SAUERの、
ピストルプロダクトマネージャーの
フィルさんによる、
X-Fiveの紹介ビデオ。

流石、シューター。
リロードでワザ見せてくれます。


P320 X-FIVE / SIG SAUER, Inc
https://www.youtube.com/embed/XnHn4RSMZEA

たけちゃんによると、
P320 X-Fiveの開発にも
しっかり携わっているとのこと。

こういう方が
開発したって聞くと、
X-Carryも欲しくなるな〜  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)GunsP320SIG SAUER

2018年01月24日

ゾウ10頭

象を10頭
買いました。


スティールターゲットを
鼻に引っかけていただきます。

鼻の部分はAR500で、
胴体の部分はA36です。

鉄板は重いぞ〜う。
しっかり頼むぞ〜う。

現在、
ターゲットスタンドを
検討ちうです。


材料もいろいろ
オーダーしました。

『俺の鉄板撃ち』

ご期待ください。

  
Posted by Taka at 08:08Comments(0)Shooting

2018年01月23日

Polymar80のフルサイズのフレームが届いたぉ〜


これに併せて
中身のパーツを買いました。


グロック純正のそれだと
手に入れるのに手間暇かかるので、
今回はローンウルフの内蔵パーツキットにしてみました。

キットの内容は以下の通り。

GLO-322 Glock Trigger Housing
GLO-427 Glock Trigger Housing Pin
GLO-357 Glock Trigger with Trigger Bar, Fits Gen3
LWD-342 3.5 lb. Connector
LWD-ESLL Extended Slide Lock Lever Black
LWD-7496 Extended Slide Stop
LWD-350-6 Trigger Spring 6 lb.
LWD-420 Trigger Pin
LWD-4368 Locking Block Pin
LWD-280 Mag Catch Spring
LWD-1981 Magazine Catch Extended
LWD-5446 Slide Lock Spring




親切なことに、
純正のそれの代わりに、
3.5 lb.コネクターとか、
6.0 lb.トリガースプリングが同梱されています。

あ、でも、
Extended Slide Lock Leverは余計かな〜

Polymar80のフレームには、
アクセラレーターカットのようなカットが施されているため、
スライドロックレバーの部分の幅が純正よりも2mmくらい狭いんです。

なので、
純正のそれでも
エクステンドされたような感じで
ちょうど良かったのね。

ローンウルフさんは
きっと良かれと思って
長めのそれを入れたのだろうけど、
もしかすると長すぎるかもしれません。


あんまり長すぎると、
サポートハンドの親指の腹にザラついて、
それがちょっと気になるんだよね〜

個人的には、フレームの側面とほぼ面一(ツライチ)が好きですが、
そうすると、分解する時にレバーを押し下げにくくなってしまいます。

レバーの両側には
ギザギザが施されているんだけど、
そのギザギザの山が1/3くらいフレームから出ている
くらいが丁度良いです。

なので、
純正のフレームに
純正のスライドロックレバー
の組み合わせはとても好きです。

撃つのがメインだから、
分解のしにくさはガマンできます。

実際に撃つと
興奮して(良く分からなくなって)しまうので(笑)、

組んでみたら
また思い出しますね〜  
Posted by Taka at 08:08Comments(3)GlockGuns

2018年01月22日

T.REX ARMSのCCW用アペンディクスホルスター

T.REX ARMSの
サイドカーという
ホルスターを注文した

http://takatake.militaryblog.jp/e892247.html


ものの、

普段、
ベルトしないし
どうせ短パンだし、
相当気合いを入れないと
これを使ってドロウの練習なんか
しないだろうなぁ〜と思いながら、

やっとカタチになってきたグロックもどきを
思い切りホルスターに収めようとしたら、、、


キエェ〜イ!


中指の付け根を、
ホルスターと
マガジンキャッチボタンで
はさんでしまいました。

左利き用も良く作り込まれているなぁ〜


なんて感心していたのですが、
ハイグリップできるように
トリガーガードの下を削り込んであるため、
このようなことが起きたのですね〜


やっぱり練習が必要ですね〜  
Posted by Taka at 08:08Comments(2)ShootingGoodsGuns

2018年01月07日

チューンナップしてみたぉ〜

ローンウルフで
マイナスコネクターを注文しました。


ついでに、
穴の空いた(軽い)
ファイアリングピンも。


あと、
トリガースプリングとか
ファイアリングピンスプリングとか
ファイアリングピンセイフティとか
ファイアリングピンセイフティスプリングとか、
バネをいろいろ買いました。


リコイルスプリングガイドも
ステンレスのものを注文しました。


リコイルスプリングも、
13パウンドと15パウンドのそれを買いました。


ノーマルは17パウンドだと思います。


はじめに本体のみで撃ってみたところ、
全弾スライド閉鎖不良でジャムりました。


スライドが完全に後ろまで
下がりきっていない感じです。
ガツンというショックがないので、
フワフワしたなんとも不思議な撃ち味でした。


フラッシュライトを
レールに取り付けて撃ってみたところ、
全弾(15発)きれいに撃つことができました。


フレームの前の部分が重くなったため、
スライドが下がりはじめても
フレームがそのままの位置を保とうとして、
後ろまでちゃんとブロウバックしたのだと思います。


ライトが付いた状態なら、
両手でしっかり握って撃てば、
確かに作動しました。

とはいえ、
ウィークハンドオンリーでゆる〜く握って撃ったら、
スライドが最後まで下がりきらないような気がしたので、
13パウンドと15パウンドのリコイルスプリングを
試してみようと思ったわけです。

スティールプレート(マッチ)用の
リロード弾を撃つわけではないので、
現状だと13パウンドのリコイルスプリングは
使わないで済むかもしれません。

市グロック(グロック17)やグロック34で
マッチ用のリロード弾を撃っていた時には、
11パウンドのリコイルスプリングを入れていました。

ちなみに、スプリングフィールドの1911には、
7パウンドのリコイルスプリングを入れていました。

ノーマルは13パウンドだったような気がします。
イヤ、11パウンドだったかもしれません。

ん〜、、、
ま、いっか。

5.5〜6パウンドを
4パウンドにしてくれる
ローンウルフのマイナスコネクターですが、

トリガーをなだらかに(長く)引かせて
その分トリガープルの重さを軽くするというものです。


6パウンドで2ミリ引かせて
ファイアリングピンをリリースさせるところを、
4パウンドで3ミリ引かせて
ファイアリングピンをリリースさせるといったイメージかな〜


なので、トリガーメカニズムハウジング内にあるファイアリングピンをリリースするパーツがきちんと下に下がらないと、トリガーを引き切ってしまってもファイアリングピンがリリースされない場合があります。


また、
ファイアリングピンスプリングの強さによっても、
トリガープルの重さが変わってきます。

弱くし過ぎるとプライマーが発火しないし、
強くし過ぎるとトリガープルが重くなります。

ここらへんのバランスは、
いろいろ試してみるしかありません。


トリガースプリングを強くすると、
ファイアリングピンスプリングをリリースさせるための
トリガープルの重さが相対的に軽くなるんだけど、

ローンウルフのトリガースプリングは、
ノーマルのそれとあまり変わらないか、逆に
弱い(柔らかい)んじゃないのってな感じがしました。


ZEVのそれは明らかに強い(硬い)と分かるんだけどね〜

ローンウルフのスプリングは、どれもこれも弱め。

トリガースプリングも
ファイアリングピンスプリングも
ファイアリングピンセイフティスプリングも
どれもぜ〜んぶ弱め(柔らかめ)って感じです。


ファイアリングピンセイフティもラウンドされていて、
トリガーバーが押し上げる時の当たりが柔らかそうです。

ファイアリングピンセイフティスプリングも細く柔らかいので、
その分、トリガープルの重さもそれなりに軽くなることでしょう。

穴が開けられ軽量化されたツルツルの
ファイアリングピンを入れて組んでみたところ、
3パウンドしないくらいまで軽くなってしまいました。

こんなもんを
お腹に差して持ち歩くのは
イヤイヤゴメンだなぁと思い、
あまっていたZEVの3パウンドだか
4パウンドのそれをインストールしました。


これで、最終的な
トリガープルの重さは
4パウンドくらいになりました。

ZEVのトリガーキットを入れた
グロック34が3パウンドくらいなので、
それと比べれば確かに重いのでしょうけど、
重さに関しては気になりません。

レットオフのあとの
引き代もほとんどありません。

ただ、
レットオフのタイミングが
分っかりにくいです。

キレがないっていうか、
ダルっていうか、なんか
シャープさに欠けるっていうか、
生きてるって感じが、イヤ、
撃つぞ〜って感じが、
しないんだよね〜

何百回かゆっくり引き込んでみたら
ずいぶん分かってきた気がするけど、

なんかこう、、、
味わえないっていうか、
あまりおもしろくないっていうか、、、

素直と言えば素直

なんだけどね〜

つかみどころのない、
今時の若いキ○イな○の子のような
トリガープルになりました。

ためがないっていうか
いきなりキレるっていうか
いさぎよすぎっていうか
あきらめ早〜っていうか
あ、もうイッちゃったの?

みたいな感じ〜

個性がないのが個性っていうか、
それはそれで素直っていうか、、、

まいったなぁ〜
テンションさがるぅ〜

キ○イな○の子は
キ○イじゃないけどね〜

何かにとりつかれたように、
ひたすらバタフライナイフを
開けたり閉じたりしてしまうような、
いつまで空撃ちしていても飽きないような、

そんな銃って、
何がありますかね〜?

SIGのP320の
コンパクトRXの
X-Five、
気になるなぁ〜
(そんなのないケド)


グロックのパーツで作ったハンドガンを試射  
Posted by Taka at 08:08Comments(4)ShootingWCSGlock

2018年01月06日

撃ってみたぉ〜

撃ってみました!


ジャムしかしませ〜ん(笑)!




やっぱ




Gen.5の
G19を買うか〜

  
Posted by Taka at 19:19Comments(2)ShootingGlockGuns

2018年01月01日

作ったぉ〜

新年明けましておめでとうございます。


それでは組み立てちゃいましょう〜


バリを取ったり
トンカントンカンしたりしながら、


とりあえず組み上がりました。


スライドを引っぱってみましたが、


シャコシャコジャロジャロイマニです。


動きそうな予感がしません。


あ、一応、
サイトも付けるか、、、


せっかくだもんね〜


ってなワケで、


こんな感じで、


カタチにはなりました。


いかがでしょう。








ん〜、、、


普通だね〜  
Posted by Taka at 11:11Comments(6)GlockGuns