スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年09月23日

NRAから会員証が届きました

NRA。

ナショナルライフルアソシエーション(National Rifle Association)から、
メンバーシップカードや賞状などが届きました。


で、

どんなメリットがあるのでしょう?


ライフタイムメンバー(永久会員)になると、、、

保険に加入できるとか、

レンタカーが安くなるとか、

雑誌が無料で届くとか、

NRAのオリジナルグッズが10%OFFになるとか、


そんな感じだそうです。

ウ〜ム、、、

日本で言うところの、

え〜っと、、、

JAF?

って感じでしょうかね〜

でも日本のJAFだったら、
アメリカには
AAA(トリプルA)がありますもんね。

NRA。

アメリカ国内では
とってもチカラのある
団体だそうです。


ま、メンバーになってしまいましたので、
これから気長にメリットを見出そうと思います。


ピンバッジが付いている帽子は、
てっちゃんのビアンキカップ土産です。

どうもありがとう!

僕もビアンキカップを目指して
グアムで頑張ります。  
Posted by Taka at 19:00Comments(4)Life

2016年06月10日

NRAの生涯メンバーになりました



ナショナルライフルアソシエーション(NRA)の
生涯メンバーになりました。



いつもお世話になっているTUFFプロダクツの方が、
私もライフメンバーになったわよ〜! と言うので、
僕もマネして加入することにしました。


NRAの公認インストラクターとか、
トレーニングオフィサーとか、
レンジオフィサーといった資格も、
これからひとつひとつ取得していくつもりです。



  
Posted by Taka at 05:18Comments(0)Life

2016年05月13日

永住権の更新

外国人がアメリカ合衆国内で働くには、
それなりのヴィザ(査証)または
永住権が必要です。

僕は、24歳の時に
ジャーナリストとして
渡米しました。

ジャーナリストとして
アメリカ国内で活動するためには、
Iというタイプのヴィザが必要です。

僕はこのヴィザで
15年間、日本とアメリカを
行ったり来たりしていました。

そして10年前に、
永住権をいただきました。

この永住権、
有効期間は10年間なのですが、
失効するので更新手続きをしました。

更新手続きに伴い、
指紋押捺とか写真撮影とかあります。

更新手続きは
オンラインでできます。

更新手数料は$450也。
なかなか良い値段です。

申請すると、
指定された日時に、
指定された場所に行って、
それらの手続きを行います。

で、


行って参りました。


お〜!


カッコイイ。

ついでにソーシャルセキュリティオフィスに寄って、
ソーシャルセキュリティカードも更新してきました。


余談です。

永住権を持ってアメリカ国内で働き、
アメリカに納税している人たちのことを、
グリーンカードホルダーと言ったりします。

その昔、永住権保持者のためのカードが
緑色だったことからそう呼ばれているのだとか?

「グリーンを取って
 グリーンを稼ごう」

グリーンカード(永住権)を取得して、
グリーン(USドル紙幣の色紙=お金)を稼ごう。

という意味です。

景気の良かった頃のアメリカに憧れた、
外国人移民たちの合い言葉だったそうです。

2016年。
世の中
いろいろ
変わりましたねぇ、、、

新しいグリーンカードは、
今年の秋頃までには受け取れるようです。

9月頃には
日本に行けると
イイなぁ〜
  
Posted by Taka at 15:17Comments(3)Life

2016年03月20日

ダイヤモンド銅釜

50歳からの自炊(ウソ)。

生まれて初めて買った炊飯器は、
たけちゃんおすすめのダイヤモンド銅釜。


取扱説明書を読まないと
分からないくらいの高機能。

お米は
いただきものの
魚沼産のこしひかり。

炊きあがりまで56分。

あ、

お米を研ぐの、忘れた、、、

まだあと26分もかかるって。

あとまだ10分。

た、炊けた。

どれにしようかな。




  
Posted by Taka at 20:20Comments(2)Life

2016年02月04日

50歳からのひとり暮らし

マリポサから送った
荷物が届いていました。


アラ? 1個、足りない、、、

マリポサでの
市郎訓練から早8カ月。

あっという間だったなぁ〜

楽しかったなぁ〜

いっぱい教えてもらっちゃったなぁ〜

それなりに泣いちゃったりしちゃったなぁ〜

いや〜〜〜

すごかったなぁ〜

射撃もだけど、

人生観とか
世界観とか
死生観とか

意識とか
矛盾とか
情動とか
葛藤とか

心のありさまとか

いろんな話が聞けて、
超ラッキーだったなぁ〜

市郎さんが紹介してくれる人くれる人、
み〜んな大きかったなぁ〜

この感じ、
この体験を、
どうやって伝えていこうかなぁ。

まぁこればっかりは、
まねするもんじゃないから、
自分が大きくなるしかないよね。

50歳からのひとり暮らし。

湿度が高めのゆる〜いアトモスフィアに、
なんだか何もする気が起きません(ウソ)。

な〜んて
思ひ出に浸っているヒマは、
ありません(ウソ)。

ビーチに行けば欲望が
食事に行けば欲望が
店に行けば欲望が

どこへ行っても欲望が、
グアムにはたいがい
なんでもあります。

ワクワクしますね〜!  
Posted by Taka at 03:02Comments(2)Life

2016年02月03日

グアムに到着しました

成田からの夜の便で、
グアムに到着しました。


荷物が多かったせいか、
税関で荷物を開けられました。


スーツケースを開けると、
いきなり目に飛び込んできたのは
Blackout 300(というライフルの弾)、、、


「おぉ?」

ホ〜ラ見〜つけた〜
と、言わんばかりに、
検査官もニヤリ、、、(笑)

「あぁ、ブランクですよ。
 ほら、プライマーもないし、
 ケースの横にも穴が空いているでしょ?」


しげしげと見ながら、

「これってどういう弾なの? ライフル用?」

と、聞かれたので、

.223のケースをベースに
なんちゃらかんちゃら、、、

この弾はピストル用の火薬を使って
どうしたこうした、、、

亜音速で飛ばすから
サイレンサーが良く効く効く
どうちゃらこーちゃら、、、


「そのうちグアムの警察でも
 採用されるかもしれないね」

とかなんとかかんとか、
ちょっと知ったかぶりしてみました。

「なんでこんなの持ってるワケ?」

「2週間前に
 ラスベガスであった
 ショットショウに行った時に、
 試射会でもらったんです」

と、その通りに答えると、
検査官のお姉さんの態度が急に優しくなり、


「え〜! ショットショウに行ったの〜?!」

「えぇ、まぁ」

「どうすれば招待してもらえるの〜?」


ひと通り説明したら、
もう中身を確認することもなく、
もうひとつのスーツケースも開けなくて良いと、
そのまま通してくれました。

「名刺、持ってる?」

「ハイ、どうぞ」
「銃、撃つの?」

と、聞いたら、

「そうなの〜最近ね、
 資格を取ったばかりなの」

「へぇ〜」

到着早々出会い系かぁ?

税関に知り合いがいると便利かもとも思いましたが、
なんか眠かったので、引っ張らずに空港を出ました(ウソ)。

  
Posted by Taka at 02:01Comments(0)Life

2016年01月26日

市郎さん

どうもありがとうございました。

「長かったな」

思わず「ハイ」とこたえてしまいましたが、
本当は「あっという間」でした。

まだ4万発くらいしか撃っていません。
最低でも100万発は一緒に撃ちたいです。

タカはこれから
グアムでガンバリマスので、
市郎さんも元気でいてください。

どうもありがとうございました。


Taka  
Posted by Taka at 16:30Comments(0)Life

2016年01月06日

101秒35で終了、、、

2016年1月3日(日曜日)、
マリポサピストルクラブでの
月例ウエストコーストスティールに
参加してまいりました。


先月、2015年12月6日の月例会にて
市グロック(グロック 17)で
100秒を切る
ことができて
ホッとしたのもつかの間、
先月の後半から、
スプリングフィールドアーモリーの
1911で撃つ練習を始めました。

半月ほど練習しての試合では、
先月同様100秒切りを目指しましたが、
欲張りすぎて100秒をオーバーしてしまいました

今月の後半はラスベガスのShot Showに行き、
来月の初めにはグアムに向かいます。

6月にはパイルーのISIレンジで
WCSのチャンピオンシップがありますが、
今年は
たけちゃんゆいちゃんと一緒に、
グアムのローカルマッチに
エントリーしているだろうと思います。

というワケで、
マリポサピストルクラブの試合には、
しばらく参加できないかもしれません。

去年(2015年)の6月、
グアムからマリポサ修行に参り早7カ月。

天才コーチの市郎さんから、
ガンハンドリングや
シューティングはもちろんのこと、
上手くなるための練習の仕方や
そのための考え方、
銃の手入れ方法やセッティング、
リローディングマシンの使い方、
さらに、
セルフディフェンスやタクティカルライフ、
CCWテクニックなどを指導していただきました。

射撃に関することだけではなく、
自己管理や時間の使い方、美意識、世界観、
普段の人との接し方、公共の場での危機管理、
彼の人となりを間近で見ながら、
これからの自分の生き方にも参考になるような、
良いことばかりをたくさんたくさん教えてもらいました。

天才シューターのミッキーさんから
シューティングのセンスをアドバイスしてもらいました。

NRA公認インストラクターのニックさんから
タクティカルガンハンドリングテクニックや
タクティカルシューティングを教えてもらいました。

マリポサピストルクラブのメンバーの皆さんにも
とっても優しくしてもらいました。

もう本当に
あっという間の7カ月でした。

主にハンドガンによる
スピードシューティングを、
マンツーマンで徹底的に学びました。

たまに速く撃てるようになったものの、
100回通しで撃てるような安定感がありません。

速く撃てるけど、
まだまだ上手く撃てません。

市郎さんのブログで、
ラストステージとなった
『Good, Bad and Ugly』の模様が紹介されています。


一緒に撃った、


てっちゃんと


りょうちゃんの
ステージの動画もアップしました。

てっちゃん



りょうちゃん



市郎さん



Taka



結果 (Mariposa Pistol Club West Coarst Steel 2016年1月3日)


マッチが終わった次の日、
市郎さんから、

「次の練習から、
 フェイズ2にいく」

と、言われました。

アラ?! まだあるのね?  
Posted by Taka at 19:11Comments(8)Life1911

2015年12月20日

金門橋から請求書が届いたぉ

今月は、
たけちゃんとゆいちゃんが遊びに来てくれて、
毎日が
撃てや食えや飲めや歌えや笑えやで
楽しかったです。




アタマの良い人や
才能のある人と一緒にいると、
なにかと面白いですね(笑)。





サンフランシスコまで彼らをお迎えに行った時、


せっかくなのでゴールデンゲートブリッジを渡ってみました。




巨大な橋の遠くに
サンフランシスコの街が見えて、
カッコイイ〜!


サンフランシスコの街もカッコイイです。


フィッシャーマンズワーフでランチしたり、


街中をドライブしたり。


お、キレイ。


あ、中華街だ。


あ、


お、、、


実は道を間違えただけだったりなんかして、、、(汗)

Anyway,
初日から楽しかったです。

で、

昨日、
ポストを見ると、
なにやら請求書が。

ん?


ゴールデンゲートブリッジ?

へぇ〜!

請求書じゃん。

ゲートを渡る時に
気にはなっていたのです。

でも、

停まらずに進んでください

ってあったので、
その通りに走り続けました。

そっかぁ。

やっぱり有料だったのね?


オンラインで、


支払い完了!

ゴールデンゲートブリッジ、
サンフランシスコに行く機会がありましたら、
是非、お立ち寄りくださいませ。  
Posted by Taka at 18:06Comments(4)Life

2015年11月09日

ヘッドショットのみでのぞみました (Run & Gunに参加しました)

先週のWCS(ウエストコーストスティール)に続き、
今週はRun & Gunに参加してきました。

昨日の土曜日は、
元シェリフでNRAの公認インストラクター、
そしてCCWの指導員でもあるNickさんの指導のもと、
マガジンチェンジやシューティングボックス間の移動の仕方、
ステージを撃つ前のシミュレーションなどについて、
手取り足取り懇切丁寧に教えてもらいました。

Tucsonちゃんも一緒に出ようってことになり、
市郎さんがニックさんに頼んでくれたのです。

それはそれは
丁寧に丁寧に教えてもらいました。

例えばマグチェンジ。

マガジンチェンジには、
スピードマグチェンジと
タクティカルマグチェンジがあります。

その違いややり方、
それぞれのメリットとデメリットを、
タクティカルシューティングの観点から教えてもらいました。
(詳細はグアムで直接僕に聞いてください。
丁寧に丁寧に教えて差し上げますので、、、)

Run & Gunは、
IDPAやUSPSAのルールに基づいた射撃競技です。

WCSなどのタイム(速さ)を競うスティールマッチに対して、
ホステイジ(人質)や弾の当たり所によって採点されるRun & Gunは、
スピードとともに射撃の精度が要求されます。

さらに、
たくさんのターゲットを
各ステージごとに設定されたルールに合わせて、
どのように撃っていくかという戦略が必要です。

この戦略こそが
Run & Gunのキモで、
実践的な射撃競技と言えます。

毎回、ステージが異なるため、
自分の射撃の技量が測りにくいところは確かにあります。

とはいえ、
自分の使う銃や弾数、
自分の技量を考慮しながら、
どこでマガジンチェンジを行うかなどを想定し、
撃ち方を組み立てていくというのは、
それなりにアタマを使います。

アタマではステージ(コース)を理解したつもりでも、
スタートのブザーが鳴った途端にすっかり忘れてしまったり、
的に当てられずにマガジンが空になってしまったり、
的を撃ち忘れてしまったり、
撃つ順番や場所を間違えたり、
撃ってはいけない人質を撃ってしまったり、
それはそれは思いもよらぬ失敗をします。

「リアルでなくて本当に良かったなぁ〜」

って、心底思います。

ニックさんも、

ウエストコーストやビアンキの時は、
あれはターゲットだ。でも、
ランアンドガンの時は、
あれはエネミーだ。


と、言います。

エネミー(Enemy)

「敵」です。

敵だと思って撃ちなさい。

ってことです。

なんだかナイーブな人だと、
物騒だとか縁起でもないとか言いそうだけど、
実弾射撃のスキルは、
万が一、自分や自分の大切な人の
命や安全が脅かされるような状況下で、
敵から身を守れるかもしれないものです。

だったらそのための練習も、
しっかりやっておいた方が安心です。

いくら練習したって、競技に出たって、
そんなものは実践では何の役に立たないよね。


最近はもう絶滅したとばかり思っていましたが、
いまだにこういうことをしたり顔で語っちゃう、
イタイ人をたまに見かけます。

競技でしっかり撃てない人が、
実践でちゃんと撃てる可能性は、
おそらく限りなく低いでしょう。

少なくとも、
パートナーとしては、
一緒に組みたくはないよね(笑)。

なので、
これはちゃんと
継続してやっておかないとと、
あらためて思いました。

前回、9月に参加した時には、まず、
市郎さんからマガジンチェンジの手ほどきを受けてから

初めてのRun & Gunに参加しました。

今回は2回目です。

4つのステージもすべて違いますので、
その場でコースレイアウトを確認しながら、
英語で書かれた説明書きを一所懸命読みます。

早く見てもらいたいので、
写真とコースレイアウト、
あと結果をアップします。













Tucsonちゃんもイイ感じで、


Nickさんはプローンまで披露して、


僕はヘッドショットオンリーでのぞみました。


ニックさんが
実際に撃っているところを
動画で撮りましたので、
後日、あらためてアップします。

あ、そうそう。

Do you understand the course of fire?

Shooter may handle, load and make ready.
(You may handle, load and make ready.)
(You are free to handle, load(, and) make ready.)

これらのセンテンスは、
英語圏で本格的な実弾射撃をする時には
必ず耳にするフレーズですので、
皆さんも丸暗記しちゃってくださいね。

今日の結果は、
以下の通りです。



追伸です。

ニックさんが『Triple tap X 8』を撃っているところの動画をアップしました。  
Posted by Taka at 15:00Comments(2)LifeRun&Gun