2016年09月30日

グロック34にZEVのマグウェルを付けてみました

6月の初めに届いた
グロック用のZEVのマグウェルですが、
http://takatake.militaryblog.jp/e773017.html
せっかくなので取り付けてみました。

グロック34にZEVのマグウェルを付けてみました

どうして今まで付けなかったのか?

って?!

どこにしまったか
思い出せなかったんです、、、(恥)

昨日、
雑誌を片付けていたら、
箱の奥のほうからこんにちは。

またなくさないうちに
取り付けてしまおうと、
グロック34(3rd. Gen)に
インストールしてみました。

アルミと真鍮の2種類のマグウェルと、
固定するウェイトも軽めのと重そうなのと2種類ずつ。
計4種類の組み合わせが試せるのですが、
とりあえず真鍮&重そうなウェイトでもって
うんと重たくしてみました。

取り付けはいたってカンタン。

ウェイトをグリップの内側に入れて六角ネジで固定したら、
マグウェルをはめ込んで下からウェイトと別の六角ネジで留めます。

グロック34にZEVのマグウェルを付けてみました

これで取り付け完了。

グラつきもなく
しっかり付きます。

早速、握ってみましたが、
手が小さすぎて足りません(笑)。

マグウェルの上のほうにパテか何かを盛って、

小指を締めた時に両手がグリップの上の方に
持ち上げられようとするくらいタイトなのが良いのでは?

と、思ったのですが、
実際のところはどうなのかなぁ?

これでハイグリップがしやすくなるのであれば、
きっとトリガーガードの根元の部分も深く削りたくなるでしょうね。

先週のGSSFマッチで、
http://takatake.militaryblog.jp/e800995.html

「CCWを想定したステージなので
装弾数が増やせるマガジンバンパーは使えません」

というルールがあったので
オリジナルに戻したままだったのですが、
普通に装填できました。

グロック34にZEVのマグウェルを付けてみました

現状ではマグウェルがぜんぜん手に当たっていないので、
このままだとただのなんちゃってあまり意味がありません。

ただ圧倒的に違うのは、その重さ。
それも低重心。それも手元だけ、、、

これが撃ち味にどのように影響してくるのか、
今から興味津々です。

あ、そうそう。
トリガーキットも出てきたので、
これもいつか取り付けてみますね〜

以下、市郎さんによる
マグチェン(マガジンチェンジ)の仕方指南です。


マガジンチェンジの練習 市郎スクール 実践射撃編 (2)
https://www.youtube.com/embed/iqizDA7hjJ0?rel=0



同じカテゴリー(Glock)の記事画像
グロックGen5のG17とG19とG26の新型だぉ〜!
緊張状態での人差し指を自覚する
グロック19のフレームが届いたぉ
SIGからP320 XCompactが出たぉ
グロックからG43XとG48が出たぉ
同じカテゴリー(Glock)の記事
 グロックGen5のG17とG19とG26の新型だぉ〜! (2019-09-03 08:08)
 緊張状態での人差し指を自覚する (2019-08-12 08:08)
 グロック19のフレームが届いたぉ (2019-08-05 08:08)
 SIGからP320 XCompactが出たぉ (2019-01-30 08:08)
 グロックからG43XとG48が出たぉ (2019-01-03 08:08)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。