2015年07月14日

実弾射撃とエアガンシューティングの違いは?

実弾射撃とエアガンシューティングの違いは、

トリガーを引いてブレットが発射される時の反動(リコイル)

だけです。

あとはすべて同じです。

実弾射撃とエアガンシューティングの違いは?

字面だけ読むと、
細かな違いを列挙したくなる人も
いるかもしれませんね。

どうかどうか、
そこらへんはご容赦くんなまし。

何が言いたいかというと、それくらい、

エアガンでの練習は実銃でも役に立つ

ということです。

それも超〜役に立ちます。

僕は30年くらい前に、ほんの数年だけでしたが、
エアガン(当時は「エアソフトガン」と呼ばれていました)
シューティングをやっていたことがあります。

今、本物の銃でも
なんとなくそれなりに射撃ができるのは、
30年前とはいえ、その時の経験があったからだと思います。

なので、

「いつかは本物の銃で実弾射撃を」
「せっかくなら上手くなりたい」

という想いがあなたにもあるのであれば、
エアガンでの練習と作法が必ず役に立ちますよ。

どさくさにまぎれて
「作法」と書き足しましたが、
「ガンハンドリング」のことです。

銃をカッコ良く扱えるとか、
銃を素早く取り扱えるとか、

そういうことではありません
(結果的にはそうなっていくのでしょうケド)。

これからシューティングを始めようとしている人なら、
最初は多少時間がかかっても良いので、
できていなければいけないことがあります。

おっと、
長くなりそうなので、
作法については
またの機会にしましょう。

今日は「ドライファイア」、空撃ちのお話です。

最初に書いた、

実弾射撃とエアガンの違い、それは
トリガーを引いた時のリコイル(反動)です。

実弾射撃を始めたばかりのうちは、まだ良いのです。
エアガンで撃つように、本物の銃でも上手く撃てるんです。

「オレって上手いかも」

「なんだカンタンじゃん」

それが、ある時、
急に的に当たらなくなります。

引き金を引く瞬間、
無意識に銃口を下に向けようと、
余計な力を入れ始めるからです。

本人はちゃんと引けているつもりなのですが、
発射の瞬間に起こる銃の反動を抑えようとして、
銃を押さえ込もうとしてしまうのです。

「フリンチ」と言います。

手の中で起こる爆発と轟音、
そして反動に身体が反応してしまい、
引き金を最後までブレずに引けなくなってしまうのです。

そうなると、もう全然当たらなくなってしまいます。
銃がおかしいのではないかと、本気で疑い始めます。

ちょっと算出してみましょう。

例えば、
手元(リアサイト)から15cm先にある
フロントサイトが下にたった1mm動いただけでも、
15m先では10cmも下に飛んでいく計算になります(あ、合ってます?)。

仮に2mmも下にフリンチしようものなら、
もう20cmも下に飛んでいってしまいます。

これでは直径25cmの丸いターゲットの
いくら真ん中をよ〜く狙ったところで、
当たるはずがありませんよね。

市郎さん秘伝の1秒ドロウも、
4つの動作のうち、最後の4、
トリガーがキレイに引けなければ、
1から3すべてがだいなしになってしまいます。

今、僕が練習している
グロックというハンドガンは、
1911系のそれと比べると
明らかにトリガーストロークが長いです。

1911系の、
シアーとハンマーがコンマ何ミリのトリガーストロークで切れ、
さらにハンマーが落ちたあとのトリガーの遊びも限りなくない、
あの、まるでゼロストロークのような感触からはほど遠いので、
なおさらグロックでのトリガープルはキレイでなければイケマセン。

「トリガーをキレイに引く」 → 「フリンチしない」

このためにできること。

ドライファイア、空撃ちです。

“I did thousands of thousands of times, seriously...”

グロックでの世界記録を持つ天才シューティスト、ローガン君のお父さん、
ビアンキカップで4回の優勝経験を誇るミッキーファーラーさんも、

「グロックでは本当にたくさんドライファイアをやったよ」

と、つい先日も言っていました。

「グロックを撃つなら、とにかくトリガープル」

「それも、速くキレイに引けるようになること」

と、アドバイスしてもらったところです。

たとえゆっくりキレイに引けても、
速くキレイに引けなければ速く撃てない(当てられない)。

当たり前だけど至極その通りで、要するに

「トリガーはキレイに引く」

ということ。

天才親子の父ちゃんが言っているんだから間違いあるまい。

「兎にも角にもドライファイア」

「イチにもニにもドライファイア」

トリガープルがキレイじゃないと、

「ちゃんとドライファイア、やっとるか?」

と、市郎さんにもすぐにバレます。

そこで必要なのが、
『スナップキャップ(Snap Cap)』

実弾射撃とエアガンシューティングの違いは?

空撃ち用のダミー弾です。

ファイアリングピンが痛まないように、
実包のプライマを叩いているのと同じ状態にするわけです。

「Snap Cap、買ったよ〜」

と、ミッキーさんに伝えると、

「レーザー(光線)のドライファイアキットがイイよ。
 銃口の軌跡が確認できるからね」

なるほど、、、

インターネットで調べてみたら、
$100くらいであるみたい。

というワケで、
皆さん、
上手くなるには
ドライファイアだそうです。



同じカテゴリー(Shooting)の記事画像
屋外射撃ツアーの最高峰 グアムの野外射撃場で本格的なスポーツシューティングを
スモークアンドホープを撃ってみたぉ
ラウンドアバウトを撃ってみたぉ
グアムで『俺の鉄板撃ち』始めました
ジャパンスティールチャレンジをフルコース撃とう!
同じカテゴリー(Shooting)の記事
 屋外射撃ツアーの最高峰 グアムの野外射撃場で本格的なスポーツシューティングを (2018-09-12 08:08)
 スモークアンドホープを撃ってみたぉ (2018-05-04 08:08)
 ラウンドアバウトを撃ってみたぉ (2018-04-21 08:08)
 グアムで『俺の鉄板撃ち』始めました (2018-04-09 08:08)
 ジャパンスティールチャレンジをフルコース撃とう! (2018-04-07 08:08)
この記事へのコメント
こんちわっす!バットンです。

はい、確かにエアガンでの練習が実銃に活きました (`・ω・́)ゝ その証拠動画と記事でーす (^_-)-☆

『エアガンシューティングの練習は、実銃射撃にも確実に役に立ちました!』
http://ameblo.jp/batton-otsuka/entry-12050648415.html


…いやぁ、昨日の朝、動画をアップしたんですけど、Youtubeの調子が悪くて(こっちの回線は95Mbpsも出てるんですが)、処理が終わったのは丸一日経った、今朝でした (^^;)

マリポサの通信環境で、あれこれ長時間動画アップ、ご苦労様です (`・ω・́)ゝ
Posted by バットン・オーツカ at 2015年07月16日 07:06
バットン、毎度!

ムーバー、
上手く撃ったよね〜!

ホースィもすごかったけど、
バットンもリッパじゃったど。
スゴイスゴイ、流石です。

そうだよね。
バットンもホースィも、
エアガンでの練習が
実銃でも活かされるって、
ちゃんと実証してくれたよね。

動画って、
コンピュータも酷使する(ファンが回りっぱなし)けど、
完成後のYouTubeへのアップも、時間がかかるんだねぇ。

せっかくの良い機会なので、
動画のまとめ方も覚えようと思いま〜す。
Posted by TakaTaka at 2015年07月16日 14:21
WCSの練習のときに撮ってもらった自分の動画をコマ送りでみると、外してるときはほぼ100%といっていいほどフリンチしてるのがよくわかります。思わず笑えるくらい!
無心にトリガー引いてるときのほうが当たるんですよね!
Posted by horsey at 2015年07月16日 20:19
実は僕も、夕べ、
ホースィーが撃っているところの動画を
コマ送りで観た時に、気がつきました。

あんなに上手なのに、
的に当たらない時には
どうして外す(外れる)んだろう?

と、、、

そしたら、
発砲する瞬間の
ひとコマ前のフレームに、
銃口が下がって(動いて)いるのが、
確かに見てとれました。

一瞬。
ほんの一瞬。
まさに弾が発射するひとコマ前に、
しっかり(笑)フリンチしているんだよね。

勉強になりました!

自分が撃っているところを動画で撮ってコマ送りで観ると、
いろいろなことが分かったり気がついたりして、
とっても勉強になるね。

今月に入ってから、
ずっとアイアンサイトで練習しています。

今日は『Spray And Pray』が
3秒未満で初弾も1秒切りで撃てた
(といっても5回のうち2回だけだけど)ので、
外さないように撃てばちゃんと当たる(って、
書くと当たり前なんだけど)んだから、
キレイにトリガーが引けるように、
無心にトリガーが引けるように、
僕もうんと空撃ちします。
Posted by TakaTaka at 2015年07月17日 11:16
おお、凄い! アイアンサイトで初弾1秒切り&3秒切りは、
イチローさんレベルですねぇ (≧▽≦)

ホント、撃ってみるまで、実銃のアイアンサイトの難しさは
分かりませんでした。エアガンだと、スピードシューティングで
アイアンサイトでも、すちゃすちゃ撃てるけど、リコイルで
跳ね上がったフロントサイトを戻してサイティングして…って
なると、えらく難易度あがりますね。

ダットサイトより、アイアンサイトのほうが、エアガンと実銃の
差が厳しいということが、今回、アイアンサイトに挑戦してみて
よく分かりました。


しかし、タカさん、

いっぱい練習もしているし
いっぱい検証しているし
いっぱいモノを買ってるしw

今回は本気度が違いますね (^_-)-☆

きっと、次に一緒に撃つとき遥か先に進んでいるタカさんを
打倒すべく、日本でエアガンで修業しておきます (‘・ω・́)ゝ
Posted by バットン・オーツカ at 2015年07月17日 15:40
今回は本気です(なんちゃって〜)。

人生150年。
中50年をどう生きるか、
しっかり練習しま〜す。

来年の今頃は、
グアムでも一緒に撃てるように
するからね。

グアムでも、
みんなでSAOが撃てるように
するからね〜!
Posted by TakaTaka at 2015年07月18日 08:48
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。