2017年07月12日

カスタムグロックを作るぉ〜

先月は
たけちゃん
一年振りにグアムに来て、
月末のGSSFマッチでは
しっかり結果を出して
帰って行きました。

なんだよもぉ〜
かっちょえぇな〜

やっぱ
空撃ちとか
してるのかな〜?

彼が流石なのは
いつものことなので
まぁ良いとして、、、

CQBグアムのメニューに、新しく
スティールチャレンジコースを作ろうと
密かにたくらんでいたんだけど、

セットアップなどに
改善の余地ありあり
ありありありあり〜

ということを、
これでもか
これでもかと
目の当たりにし、

、、、

疲れました〜

はぁ〜

で、

気分転換に
空撃ちしてみたん
ですけどね。

ですけどね。

どね、

グロック34のトリガーって
こんなに引きにくかったっけ〜?

カスタムグロックを作るぉ〜

カスタムグロックを作るぉ〜

と、、、

もぉ
疲労困憊度
MAXです。

で、

今月に入ってから、

気を取り直して、

素直に素直に
引けるようにと、

ちょっとムキになって
空撃ちしていました。

ん?

あ!

そうそう!

2年前にWCSCでもらった
ZEV Technologiesのトリガーキットが
あったんだった〜

カスタムグロックを作るぉ〜

それも

カスタムグロックを作るぉ〜

Ultimate Kit 〜!

実は分解するのがメンドウで、
ず〜っと黙殺していたのでした。

ちょっと考えてから、

エイヤ〜

っと、昨日、
組み込んでみました。

カスタムグロックを作るぉ〜

え? 動画とかないのかって?

意外とカンタンすぎたので
撮りませんでした(ゴメンナサイ)。

トリガーのプリトラベルと
オーバートラベルの微調整や、
トリガーコネクターに関して非常に興味津々
(プラスとかマイナスとかあるのよ)だったんだけど、
何も調整しなくてもバッチリでした(テキト〜)。

ノーマルのそれは、
ゆ〜っくりと10回引けば、
2回くらいはまぁまぁ納得できるんだけど、
ほとんどブレてしまっていました。

レットオフしてからの
引き代(オーバートラベル)が、
個人的にはどうしても長すぎたんです。

ZEVのそれに交換したら、
気持ちムッシーなのですが、
レットオフしてからの引き代が激減。


ムッシー

mushy

もやもや
ぐにゃぐにゃして
はっきりしない
といった意味です。

食べ物だと、
お粥のような
どろどろした食感を
そう言います。

人に対して
感傷的になる
といった時にも使います。

で、

レットオフしてからの引き代が激減。
今までの1/3くらいしかありません。

ノーマルが3mmだとしたら、
ZEVのそれは1mmって感じです。

これは助かる!

さらに、

トリガープル
そのもの(の重さ)も
超激減!

ノーマルが
4.5〜5lbだとしたら、
ZEVのそれは
3lbあるカナ?

ってくらい
軽くなりました。

タクティカルトレーニングとかだと
チョット危ないかもしれないケド、
シューティングマッチで使う分には
多分比較的平常心で撃てそうだから、
ま、い〜かな〜って軽く考えています。

ロクに撃ちもしないのに、
やっぱ1911だよね〜とか
ダブルアクションだったら
これからはP320だよね〜とか
思っていたのですが、トリガーを換えたら
グロックがまたちょっと好きになりました。

そうそう!

グロックと言えば、
最近のお気に入り、
T.REX ARMSのルーカス君(Lucas Botkin)


Are Stock Glocks Good?

「ノーマルのグロックで十分ですよ〜」

と、ガンガン撃って中てて魅せてくれます。

ルーカス君がキビキビと上手に撃つのを観ていたら、
映画『The Social Network』や『Now You See Me』の
ジェシー アイゼンバーグ(Jesse Eisenberg)を思い出しました。

そういえば、彼も
『American Ultra』という映画で、
スプーンでヤっちゃっていましたよね。
(キアヌは鉛筆でしたね〜)


American Ultra Official Trailer #1 (2015) - Jesse Eisenberg, Kristen Stewart Comedy HD


American Ultra Official Weapon Trailer (2015) - Jesse Eisenberg, Kristen Stewart Comedy HD

あ、そうそう。

で、タイトルの

「カスタムグロックを作るぉ〜」

ですが、

「ZEVのトリガーキットを組み込んだぉ〜」

っていうハナシではアリマセン。

「カスタムグロックを
 イチ(最初)から自分で作るぉ〜」

っていうハナシです。

カスタムグロックを作るぉ〜

長くなってしまったので、
またあらためて書きますね〜

皆さん、今日も良い一日を〜

Have a good day and keep shooting!



同じカテゴリー(Glock)の記事画像
グロックGen5のG17とG19とG26の新型だぉ〜!
緊張状態での人差し指を自覚する
グロック19のフレームが届いたぉ
SIGからP320 XCompactが出たぉ
グロックからG43XとG48が出たぉ
同じカテゴリー(Glock)の記事
 グロックGen5のG17とG19とG26の新型だぉ〜! (2019-09-03 08:08)
 緊張状態での人差し指を自覚する (2019-08-12 08:08)
 グロック19のフレームが届いたぉ (2019-08-05 08:08)
 SIGからP320 XCompactが出たぉ (2019-01-30 08:08)
 グロックからG43XとG48が出たぉ (2019-01-03 08:08)
この記事へのコメント
ルーカス氏、箱出しのAK74パカパカ中てはって感心しながら観てたんですが、やっぱり技術がそれなりに達者な人だと道具を選ばないんですかねぇ
Posted by ひょうごのすけ at 2017年07月12日 10:28
与えられた条件で
最高の結果を出す。

達者な人って、
いつもそうですよね〜
Posted by TakaTaka at 2017年07月12日 12:22
ひえ~、ルーカス君かっちょええ!!

やっぱり腕ってことなんでしょうかね~。
見も蓋も無いわぁ(汗)

あ、スプーンと言えば、WILDCARDって映画の
ジェイソン・ステイサムも使ってましたね。

https://www.youtube.com/watch?v=6xWbjINNesU

世界最強のハゲ!
Posted by 金子一也 at 2017年07月12日 12:41
ルーカス君、
かっちょええよね〜

ちょっと
若い頃の
ショウジ君に
似てるかも〜(笑)

まぁ確かに
最終的には
腕なんだろうけど、

腕が十分でない時には、
道具でカバーしてもらおうやね〜

道具に頼っちゃおうやね〜

イイ道具は、
イイもんね〜!

このおじちゃんって、
トランスポーターの
おじちゃんだよね?!

スプーンと
バターナイフで、
メッタメタだね〜
イタそうだね〜
Posted by TakaTaka at 2017年07月12日 19:54
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。